ジェジュン、各曲へのリスペクト感じたカバーライブ Mattも迎えたパフォーマンスを振り返る

ジェジュン、各曲へのリスペクト感じたカバーライブ Mattも迎えたパフォーマンスを振り返る

 11月17日、幕張メッセイベントホールで、ジェジュンのコンサート『J-JUN LIVE 2019 〜Love Covers〜』が開催された。

 今回は、発売以降好評を得ているJ-POPのカバーアルバム『Love Covers』の楽曲をメインとしたスペシャルライブ。会場は立ち見が出るほどの満席で、2階席の天井まで観客で埋まっていた。いつもと違う特別なコンサートということで、ファンたちの気持ちも高まっている様子だった。

 開演時間になり会場が暗転し、ピアノ演奏によるオープニングSEが流れると、ファンたちが持つ赤いペンライトが会場を包む。ステージの大きなスクリーンには今までのライブ映像が。そして「愛してる」の文字がステージ前方のスクリーンに映し出されると、大きな歓声が上がった。

ジェジュン色に染め上げたカバー曲によるコンサート

 ステージの奥からスポットライトで照らされたジェジュンが現れると、〈愛してる愛してる…〉と静かに歌い出した。ステージを飾る最初の曲は、中島美嘉「愛してる」のカバーだ。流れる景色の写真に溶け込むように感情的に歌い上げると、大きな拍手に包まれた。

 続いて聞き覚えのあるピアノのイントロが流れる。DREAMS COME TRUEの「未来予想図II」だ。『ミュージックステーション』でも披露されて話題になったこのカバーは、ドリカムのメンバーである中村正人も認めたほどだ。

 前方のスクリーンが上がってステージが明るくなり、ジェジュンがはっきりと現れると、会場からさらに大きな歓声が上がった。赤いじゅうたんが敷かれた階段、宮殿のようなセットに立つ、キラキラとした装飾の赤いジャケットを着たジェジュンは、まるで“王子様”のよう。ステージには左側後方にバンド、右側にストリングスが構えていた。ジェジュンの声にストリングスの音が重なると、「未来予想図II」はさらに重厚な仕上がりに。最後までしっとりと聞かせてくれた。

 曲が終わると、「みなさん、どうもジェジュンです!」と挨拶。ファンからの大きな歓声に「わ! 嬉しい!」と会場を見回して、素直に喜びの声を上げた。今回はスカパー!の生中継があるとのことで、カメラの先にいるファンにも声をかける。「僕も新しい気持ちで今日最後まで一生懸命皆さんとコミュニケーションとりたいと思います。一番後ろのお客さんも、たくさん声を出してくれると嬉しい」と遠い席のファンやテレビの前のファンにまで気遣う姿を見せた。

 最初のMCを終えると、「メロディー」(玉置浩二)のストリングスによるイントロが流れ出す。後ろのスクリーンには海の景色と歌詞が流れ、曲に合わせたぴったりな演出だ。

 日本語で歌うことで、ステージの前にいる私たちに伝わることは大きい。次に披露された「僕が死のうと思ったのは」(中島美嘉)では、その言葉の重さを強く感じた。〈僕が死のうと思ったのは〉という歌詞から始まるこの曲は、ジェジュンの込める感情と相成り、ぎゅっと胸を締め付けられるような気持ちになる。最後、愛する人に出会ったことで歌の中の主人公の感情は変わるのだが、その歌詞に込めたジェジュンの心を強く感じられる曲だった。

 真っ暗になったステージに差すスポットライトの中でアカペラで始まったのはレミオロメンの「粉雪」だ。雪が降る景色をバックにジェジュンが歌いだす。最後は頭上から粉雪が降り出した。

 今回のコンサートではそれぞれの曲に合わせた演出が用意されていた。前述した「粉雪」では雪が降ったが、「最後の雨」(中西保志)では雨音から曲に入り、そのまま同じ雨がテーマの「レイニー ブルー」(徳永英明)へと流れていった。そして、同じ徳永英明の「壊れかけのRadio」へ。とてもよく考えられたセットリストだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる