アンジュルム 竹内朱莉、新メンバー 橋迫鈴をベタ褒め 「アンジュルムが癒やしの空間になった」

アンジュルム 竹内朱莉、新メンバー 橋迫鈴をベタ褒め 「アンジュルムが癒やしの空間になった」

 11月6日神保町・書泉グランデにて、9月19日に発売された密着ドキュメンタリーフォトブック『アンジュルムと書いて、青春と読む。』(東京ニュース通信社刊)の発売記念イベントが行なわれた。この日登壇したのは、メンバーの竹内朱莉、川村文乃、佐々木莉佳子、上國料萌衣、伊勢鈴蘭、橋迫鈴の6名。

 『アンジュルムと書いて、青春と読む。』は、2019年2月から8月までの約半年間に完全密着した写真を綴ったもの。この半年間は前・リーダー和田彩花の卒業、勝田里奈の卒業発表、橋迫鈴の加入など、彼女たちにとって激動の期間。それを綴ったとあり、多くの注目を集めているフォトブックだ。

Arrow
Arrow
『アンジュルムと書いて、青春と読む。』表
ArrowArrow
Slider

 フォトセッション後の囲み取材では、リーダーの竹内から「普段見せている顔とは違う、裏の姿が映っています。“そんな写真も載っちゃうんだ”というような写真もあって、見どころがたくさん」と紹介。約200日密着取材が行なわれ、グループ全体での仕事、個人での仕事など多くの現場での様子が掲載されている。佐々木は「すっぴんも大公開されていて、素の自分を本で見せていると思いました」と、貴重なすっぴんショットが公開されていることも告白した。

(左から)川村文乃、伊勢鈴蘭、上國料萌衣、橋迫鈴、佐々木莉佳子、竹内朱莉

 多くの写真が掲載されている中、メンバー一人ひとりのお気に入りの写真について語られた場面も。川村は「夢見る 15歳」のMVの裏側を映した写真、伊勢は『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』に出演した際の写真、上國料はDVDマガジンの“アンジュル部”の写真(ANGERME DVD Magazine Vol.21)、橋迫は初めての夏休みにメンバー全員で海に遊びに行った時の写真、佐々木は前リーダー・和田彩花の卒業ライブの時の写真、そして竹内は和田の卒業ライブの最後の曲が終わって舞台袖に戻ってきた瞬間を収めた写真をチョイス。上國料は「どのページもステキな写真ですが、個人的には後半に載っている写真もお気に入り。メンバー同士で写真を撮り合っているのでみんないい表情をしている。アンジュルムの完全なプライベート」と、さらなる見どころもアピールしていた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!