Jay Park、Simon Dominic、Crush……夏の終わりを盛り上げた韓国ヒップホップ6選

Crush「나빠 (NAPPA)」

Crush「나빠 (NAPPA)」

 韓国トップクラスのR&Bシンガーソングライター・Crushは、6年もの長きにわたって所属したレーベル<Amoeba Culture>をこの6月に去った。そのままインディペンデントで活動することが予測されていたが、「GANGNAM STYLE」で世界を賑わせたあのPSYが運営する<P NATION>に電撃移籍を発表。実に彼らしいアーバンなサマーチューン「나빠 (NAPPA)」で移籍第1弾シングルを飾った。「悪い」という意味の「나빠(ナッパ)」を題材に、仕事が忙しくて寂しい思いをさせている恋人に対して自分は悪い男だと歌う。曲調によっては感傷的になりそうなテーマも、Crushの手にかかれば軽快なラブソングに。ラテンの香り漂うリズムに乗せた軽やかなボーカルは耳心地も最高だ。Crushのコミカルな演技が光るMVも必見。

Crush (크러쉬) – “나빠 (NAPPA)” MV Reaction

FANXY CHILD「Y」

FANXY CHILD「Y」

 そんなCrushが所属する<FANXY CHILD>は、ZICO、DEAN、PENOMECOなど若手人気スターらが集結したゴージャスなクルーだ。この夏は結成4年目にして初のクルー名義シングル「Y」をリリースし、単独コンサートも成功させた。曲名の「Y」は、その文字の形から人生の分岐点を表している。分岐点に出くわした若者たちが、他人の目を意識するが故に受け身な行動を取ることを皮肉っているのだとか。時代の先端を行く若手スターの集まりなだけあり、MVも先鋭的かつダイナミックな仕上がりとなっている。ここ2年ほどはクルーの名前を見かけることがなかったので動向が心配されていたが、この夏開催されたコンサートでは5千人キャパのホールで2DAYS公演を成功させ、活動が少なくとも最も影響力のあるクルーであることを証明して見せた。

FANXY CHILD – ‘Y’ Official Music Video

MUSHVENOM「왜 이리 시끄러운 것이냐(なぜこんなにうるさいのか)」

MUSHVENOM「왜 이리 시끄러운 것이냐(なぜこんなにうるさいのか)」

 韓国の夏を毎年盛り上げるラップサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY』は、今年で早くも8度目のシーズンを迎えた。たいていはすでに一線で活躍しているラッパーが勝ち進んでいくが、時にはまったくの新人や知名度の低いラッパーが話題になることもある。この「왜 이리 시끄러운 것이냐(なぜこんなにうるさいのか)」をリリースしたMUSHVENOMもその1人だ。番組の優勝候補である人気ラッパーのpunchnelloとバトルしたMUSHVENOMは、「なぜこんなにうるさいのか」と中高年の男性が嘆いているようなトーンのフロウで会場を沸かせ、punchnelloを負かした。SoundCloudとYouTubeで公開された同トラックはあっという間に10万回以上が再生され、このようにMVも公開される運びとなった。幅広い層から「おじさんフロウ」「クセになる」「新鮮だ」など絶賛の声が集まっている。

머쉬베놈 (MUSHVENOM) – 왜 이리 시끄러운 것이냐 (Prod. SLO) MV

■鳥居咲子
韓国ヒップホップ・キュレーター。ライブ主催、記事執筆、メディア出演、楽曲リリースのコーディネートなど韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。 運営サイト「BLOOMINT MUSIC」/ Twitter

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新譜キュレーション」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!