>  >  > 鳥居咲子が選ぶK-HIPHOP新譜5選

Uneducated Kid、Reddy、BewhY……独特な世界観と中毒性を兼ね備えた韓国ヒップホップ5選

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年に入ってから、けたたましい勢いでリリースラッシュが続いている韓国ヒップホップシーン。1カ月にリリースされる作品は、シングルとアルバムを合わせて60~70タイトルにも上る。

 今回は2019年1月から4月にかけてリリースされたトラックの中から、筆者が特にお気に入りの5曲をセレクトした。共通点としては独自性の高いビートやクセのあるリフなどで一度聴くと耳から離れない音楽、あるいは独特な世界観を構築して観る者を釘付けにするMVなど、リピート必至の中毒性といったところだろうか。

 まずは新鋭ラッパーUneducated Kidの新作EP『HOODSTAR』から「지금 (今) (Feat. Okasian)」。

Uneducated Kid『HOODSTAR』

 徹底したキャラ作りにこだわる彼は、その名が示す通り教育を受けたことがないという設定だ。しかも数々の犯罪行為によって警察から追われる身だという。本EPではそのキャラを貫きつつ、アメリカの最先端トレンドを取り入れたサウンドがラッパーやヒップホップマニアの間で大受け。この曲に客演したOkasianもまた、2010年代序盤にアメリカのトレンドを韓国に持ち込んだ張本人だ。「今」を意味する「チグム」を2人が交互にリピートするフックはかなりクセになる。Okasianの登場は当時の韓国ヒップホップのトレンド形成に大きな影響を与えたが、Uneducated Kidもそういう存在になる気がしてならない。

UNEDUCATED KID – 지금 (Feat. Okasian) (Official Music Video)

 続いて紹介したいのは、ワールドスターのJay Parkが運営するレーベル<AOMG>所属のウ・ウォンジェ。

Woo「Taste (feat. GIRIBOY)」

2016年にラップを始めたばかりというにも関わらず、今やメディアに引っ張りだこの人気ラッパーだ。リリックの内容もラップのトーンも暗く、そのぽつりぽつりと心情を吐露するような独特なフロウが聴き手を惹きつける。そんな彼が3月にリリースしたトラック「호불호 (好き嫌い) (Feat. GIRIBOY)」は、とにかくあれも嫌い、これも嫌いと嫌いなものを並び立てるウ・ウォンジェに対し、あれもこれも何でも好きと語るGIRIBOYが対照的でおもしろい。インタビュー映像のように演出されたMVも粋だ。ジャジーなビートも絶妙で、フックのメロディは思わず一緒に口ずさみたくなる。

우원재 (Woo) – ‘호불호 (Feat. 기리보이) (Prod. By GRAY)’ Official Music Video (ENG/CHN)

 日本のラッパーSKY-HIとの共演でも知られるレディ(Reddy)による新シングルの表題曲「DRESS CODE」は、ポップで聴きやすい曲の多かった近年の方向性とは打って変わってアグレッシブ路線。

Reddy「DRESS CODE」

 韓国ヒップホップシーンきってのファッショニスタである彼は、音楽だけに集中しろと叩かれることがある。この曲ではそういった声に対し、音楽でも十分な結果を出し続けている自負を語っている。シンプルながらずっしりと響くビートに乗せたリズミカルなラップ、キャッチーなフックのメロディなどレディの多芸さを存分に味わうことのできる一曲だ。MVがまた逸品で、作り込み過ぎないナチュラルなセットとモーション、ところどころにかけられたエフェクトが実に新鮮。レディのスタイリッシュさを見事に表現している。

Reddy – DRESS CODE [Official Video]

      

「Uneducated Kid、Reddy、BewhY……独特な世界観と中毒性を兼ね備えた韓国ヒップホップ5選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版