>  >  > GENE数原×中務 “数務コンビ”の関係性

GENERATIONS 数原龍友×中務裕太の“数務コンビ”、二人の関係性がチームワークの礎に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)にはファンから親しまれる名コンビが複数存在するが、中でも一番の仲の良さを誇るのが数原龍友(ボーカル)&中務裕太(パフォーマー)による“数務コンビ”。同じ年齢、同じ関西出身というだけあって気心が知れた2人の仲の良さは、中務のInstagramやTikTokなどからも伝わってくる。そんな数務コンビの魅力について注目してみたい。

GENERATIONS from EXILE TRIBE『DREAMERS』(CDのみ)

 数原龍友は、兵庫県尼崎市出身、1992年12月28日生まれの現在26歳。GENERATIONSでは片寄涼太とのツインボーカルで、歳下の片寄を兄弟のような関係でリードするだけでなく、パフォーマーを含めGENERATIONSをボーカリストとしてしっかりと支えている存在だ(詳しくはこちら)。

 中務裕太は、大阪府茨木市出身、1993年1月7日生まれの現在26歳。GENERATIONSには、サポートメンバーから抜擢されて加入。地元のダンススクールの発表会でEXPG(EXILE PROFESSIONAL GYM・LDHが運営するスクール)にスカウトされ、地元とEXPG大阪校の2つのスクールに通っていた。中務は当時、メジャーシーンに行くとダンスに集中できなくなるのではないかという思いを抱いていたという。アンダーグラウンドでダンスを極めるべきか、しかし世間の人たちにダンスを広めたいーー二つの相反する思いに葛藤していたようだ。

 GENERATIONSがデビューに向けてスキルを磨いた『夢者修行』当時のドキュメンタリー映像には、ダンスに自信のある者たちが揃っているためかメンバーたちの意見が衝突する場面が散見された。その中で、サポートメンバーとして状況を見守り、EXPGではインストラクターの経験もある中務が加入したことで、パフォーマンスチームのバランスが良くなっていったように感じる。中務は『EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION』に参加し、ファイナリストに残るも残念ながらEXILEのメンバーにはなれなかったが、HIROから「Mr.GENERATIONSになってほしい」と言われるほどの説得力あるパフォーマンスで、今は佐野玲於と共にGENERATIONSの振付の大半を行なっている。パフォーマンスチームの要とも言える存在だ。その証拠に、『GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER”』のドキュメンタリー映像で佐野は「元々キャリアも凄いし、持ち前のダンススキルとかこだわりも強いし、裕太君がいることによって凄く説得力がありますし、GENERATIONSの本質の部分を裕太君が担ってくれる。圧倒的なパフォーマンスで自分も裕太君を見ていると頑張ろうと思いますし、ダンスに対しては本当に強い部分もいっぱい持っている」と中務の重要性を語っていた。

      

「GENERATIONS 数原龍友×中務裕太の“数務コンビ”、二人の関係性がチームワークの礎に」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版