Kis-My-Ft2、KAT-TUN、ENDRECHERI、A.B.C-Z……濃密な作品揃った7~8月リリース

Hey! Say! JUMP『ファンファーレ!』

 Hey! Say! JUMPの最新楽曲「ファンファーレ!」は、夏の終わりを思わせる切なさ漂うポップソング。山田涼介主演ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系)主題歌としても話題を集めるこの楽曲は、Hey! Say! JUMPの第二章を感じさせる大人っぽさとハッピーさが同居するサウンドとボーカルが印象的だ。

 イントロからしっとりした切なさを感じさせつつも、そのサウンドはどこまでも明るく、サビのラテンのリズムに思わず身体が動き出す。反面、ストリングスやピアノによる旋律のきらきらしたポップさが刹那の輝きであることを想起させる。

 ドラマで山田が演じる“セミオトコ”セミオの心情を表したような歌詞とも相まって、一瞬だからこそ美しい生命のきらめきを感じられる楽曲だ。

 ユニット曲から盆踊りまで、個性的過ぎるラインナップが取り揃えられたカップリングにも注目。

King & Prince『koi-wazurai』

 飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるKing & Princeの最新曲は、平野紫耀が出演する映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』主題歌としても注目を集めるポップなラブソング。キンプリ史上最高にツンデレで等身大の楽曲と言っても過言ではない歌詞が、リスナーの乙女心をこれでもかとくすぐるナンバーだ。

King & Prince「koi-wazurai」Music Video

 天才同士の究極の恋の駆け引きを描いたコメディ映画である作品の世界観に合わせて描かれた歌詞には、素直になれないもどかしさと恥ずかしくなるほどの恋心がぎゅっと凝縮されている。

 ユニット名通りの“王子様”的なパブリックイメージが強いKing & Prince 。6月にリリースされた初アルバムを経た現在の彼らは、王子様からの脱皮を遂げて等身大の青年の恋をピュアに歌い上げている。

 それぞれの個性と現在地を1枚のCDに収めたような濃密な作品が多かった7~8月ジャニーズリリース。音楽の楽しさ、そしてショーマンシップを存分に感じられるこれらの楽曲を聴いていると、秋冬に控えた新作へも期待が募るに違いない。

■五十嵐文章(いがらし ふみあき)
音楽ライター。主に邦楽ロックについて関心が強く、「rockinon. com」「UtaTen」などの音楽情報メディアにレビュー/ライブレポート/コラムなどを掲載。noteにて個人の趣味全開のエッセイなども執筆中。ジャニーズでは嵐が好き。
note
Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる