>  > 結城萌子が語る、川谷絵音らとの制作秘話

デビューシングル『innocent moon』インタビュー

結城萌子が語る、川谷絵音や菅野よう子らと表現した“まっさらな自分”「豪華すぎて不思議な気持ち」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルゲーム『ファントム オブ キル 失われた千年王国編』(2018年)や、アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』(2019年)で声優としての第一歩を踏み出した結城萌子がメジャーデビューEP『innocent moon』をリリースした。

結城萌子 – さよなら私の青春【Official Music Video】

 全4曲の作詞作曲を川谷絵音(indigo la End、ゲスの極み乙女。ほか)が手がけ、アレンジャーとして菅野よう子、Tom-H@ck、ミト(クラムボン)、プロデューサーに冨田明宏というアニメ/ゲーム/声優アーティスト界で欠かせない面々が参加。ジャケットのアートディレクションを椎名林檎やスピッツでお馴染みの木村豊(Central67)が手がけ、フォトグラファーに乃木坂46やCharaのジャケット写真を手がける間仲 宇を迎えている。日本のポップカルチャーのトップランター達を集結させた結城萌子とはどんな声優であり、どんな歌手なのか。幼少時代の話からシングル制作までを振り返ってもらった。(永堀アツオ)

自分が歌手になるとは思ってなかった

結城萌子

ーープロフィールには、「幼少期よりアニメや漫画、ゲームに親しみながら育ち」とありますね。

結城萌子(以下、結城):好きですね。もともと親や兄弟が好きで、家の中に漫画やゲームがたくさんある状態だったんですね。だから、自分の中ではそれが当たり前で、外で遊ぶのではなく、家の中でずっと遊んでるっていう子どもでした。粛々とオタク活動をしてました。

ーー(笑)。特にハマった作品はなんですか?

結城:『セーラームーン』(美少女戦士セーラームーン)ですね。お姉ちゃんがセーラームーン世代で、すごく好きで、小さい子が着る公式のコスプレ衣装も家にあって。そういう姉がずっと近くにいたので、私も自然と好きになったし、漫画もテレビアニメも劇場版を見るようになっていきました。

ーーちなみに誰派でした?

結城:好きな人がいっぱいいるんですけど、外部系の天王はるかさんが好きでした。内部系と外部系があるんですけど、内部系を見守っているお姉さん的存在の外部系が4人いて。カリスマ的存在なんですけど、その中でもちょっと中性的でショートカットのはるかさんがすごく好きでしたね。

ーーその後のオタ活は?

結城:『セーラームーン』のあとは、『新世紀エヴァンゲリオン』、『ウテナ』(少女革命ウテナ)、『るろ剣』(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-)、『シャーマンキング』っていう作品に小学生の時に触れていました。エヴァとウテナはちょっと大人向な描写がある作品だったので、大人からしてみると、ちょっと子どもらしくなくて、可愛くない子どもだったかもしれないですね。

ーーませてますよね。

結城:同い年の子とはあんまりアニメの話もできなくて。だから、家で一人でPCをカタカタしてるような子どもでした。

ーー当時は将来の夢はどう考えてました?

結城:そういう家庭環境で育ったので、アニメや漫画に携わるお仕事がしたいなと思ってました。絵も描くのが好きだったので、声優さんか、漫画家さんになりたいなって思ってたんですけど、漫画家さんの夢は、春田ななさんが中学3年生で『りぼん』でデビューしたと知った時に途絶えましたね。中学3年生で、こんな画力や構成力の高い人がいるんだっていうことの衝撃を受けて。その時に、漫画家は厳しいぞ、趣味程度にとどめておこうって思いました。

ーー声優に憧れたのは?

結城:物心がつく前から、気づいたら声優さんになりたいって思っていたので、明確なきっかけは覚えていなくて。小さい頃から、今でいう大御所さんの声優さんの作品を見ていたので、漠然とそういう声優さんになりたいなって考えてました。

ーー歌うことはどうでしたか?

結城:もともと好きだったんですけど、それを仕事にしようとか、歌手になって人前でパフォーマンスしたいっていうのはなかったです。本当に一人でひっそり歌ってて。一人でカラオケに行くくらいの程度でした。本当に自分が歌手になるとは思ってなかったので、今もまだ歌手になってるっていう実感がないですね。

ーーカラオケに行ったらどんな曲を歌うんですか?

結城:みなさんが知ってる王道のアニソンを歌います。『涼宮ハルヒ』(涼宮ハルヒの憂鬱)とか、『ガンダム』(機動戦士ガンダム)とか、『エヴァ』とか。あと、ギャルゲーの曲も歌いますね。本当に普通のオタクです……。

ーー(笑)。では、学生時代はどんな日々でした? 

結城:小中学生の時はあんまりクラスの子にオタクっていうことを公言してなかったので、学校にいるときの自分と、家にいるときの自分はまた別の何かだったと思います。割と、落ち着いてたかもしれないですけど、めっちゃ暗いわけでもなくて。中学生の時は吹奏楽部にも入っていて。すごく忙しい部活なので、ずっと練習ばかりしてました。くたくたで家に帰ってきても、アニメ見なきゃって、体に鞭打ってアニメを見る、みたいな日々でした。

ーー楽器は?

結城:フルートです。

ーーああ、そこはイメージ通り!

結城:あははは。でも、フルートが可愛いからやりたいっていう方がいますけど、結構、大変なんですよ。華奢な楽器ですけど、肺活量はかなり使うんですね。私はもともと7歳くらいからピアノをやっていて。フルートは小学校の高学年から始めたんですけど、お姉ちゃんがフルートやってたっていう、あるあるみたいな感じの入り口でフルートを始めて。楽器は、練習したらしただけ上達するのが面白かったので、だんだんとはまっていきました。

ーー卒業する時は将来をどう考えてました?

結城:声優になりたいとは考えていたものの、具体的にアクションを起こすとかはしてなかったです。なりたいっていうぼんやりした考えだけで……今、振り返ってみると、あの時から行動していたら別の未来があったかもしれないなって考えるときもあります。でも、あの時、行動していたら、今、出会ってる人たちと出会えてないので、これはこれでよかったかなと思います。

川谷絵音との不思議な関係性

ーーそうですよね。デビュー作からこんな豪華な作家陣が。歌手デビューの話がきた時はどう感じました?

結城:びっくりしすぎてよくわからないのと、音楽はもともとやっていたので、やっぱり私は音楽とずっと生きていかないといけないんだなっていう風に思いました。一番は声優になるっていう夢があるけど、運命的なものは感じましたね。

ーー制作はどのように進められたんですか?

結城:実はかなり年月がかかっている作品でして。表現とか声の感じもちょっと違うかもしれないですね。

ーー一番古いのは?

結城:3曲目の「幸福雨」ですね。そもそも、アーティストとして、<ワーナーミュージック>さんと音楽をやるっていうきっかけは川谷さんが与えてくださったものなんですね。川谷さんが声をかけてくださったから、いろんなことが動き出して。ただ、川谷さんとはあんまりお話をしたことがないので、どういう方かはよくわからないんですけど。

ーーそうなんですね。こういうEPにしようっていう話し合いとかは?

結城:全くないです。でも、アレンジャーさんや、レコード会社のスタッフの方々を引き合わせてくれたのは、原点を辿ると、全部、川谷さんなんですよ。だから、すごく感謝してるんですけど、直接面を向かって何かを言われたことはなくて。なんだか不思議な関係です。

ーー足長おじさんみたいですね(笑)。EPを聞くと、歌詞の主人公がみなさん妄想したり、夢見がちだったりするので、何かコンセプトがあるのかと感じてました。

結城:そう思いますよね(笑)。私もびっくりしましたね。この歌の活動が始まって、川谷さんが詞曲を提供してくださるってなった時に、川谷さんがどういう立ち位置になるのか、どこまで踏み込んできてくれるのかも、スタッフを含め、私も全くわからない領域だったんです。だから、どういう曲にしようとかのヒアリングも一切なくて、いきなりポーンと渡されたっていう感じです。

ーーでは、「幸福雨」を受け取った時はどう感じました? アレンジはちゃんMARIで、変わったリズムのテクノポップになってます。

結城:面白いし、いい曲だなって思いました。川谷さんっぽさもあるし、どこかに漂うブルーな感じもある。川谷さんはこれをどういうシチュエーションで書いたかはわからないんですけど、私にこういう詞を歌って欲しいんだろうなって思って。

ーー楽曲を通してどんなイメージで見られてると感じました?

結城:サビが〈幸せになれたら/いくらでも私を傷付けて〉なので、ポジティブな人ではないですよね。どこか訳ありというか、「なんかありそうだなこの人」って匂わせてる。あんまり喋ったことはないんですけど、私のビジュアルとか喋り方で、そういう風に思わせる何かがあったのかな? と感じました。

      

「結城萌子が語る、川谷絵音や菅野よう子らと表現した“まっさらな自分”「豪華すぎて不思議な気持ち」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版