ENDRECHERI、新アルバム『NARALIEN』が堂々の1位獲得 楽曲から溢れ出す堂本剛の色気

 実際、アルバムを一聴して思い浮かんだのは、「本格派のファンクだ!」なんていういまさらな感想ではなく、「堂本剛の歌、めっちゃいい……!」のひとことに尽きる。

 「NIPPON ENDRE ver.」や「音楽を終わらせよう HEIAN ver.」は、彼の過去のレパートリーを現行ENDRECHERIの演奏でリアレンジした楽曲だが、ここで聴けるややクドめでもある発声と節回しは、なんともセクシーだ。思い返してみればKinki Kidsでの数々のヒット曲を通じて多くの人が親しんできた、節々にケレン味や過剰さを湛えた彼の歌声を、いちばんおいしく味わえているのがENDRECHERIなのではないか……とさえ思う。さらに、リズムの処理、とくに発声のモタらせ方や声の長さのコントロールが抜群に切れ味が良い。「FUNK TRON」や「4 10 cake」の軽快なグルーヴにも、「NARALIEN」の荒々しく痙攣的なグルーヴにも的確にのりこなすリズム感覚は素晴らしい。

 堂本剛のジャンルに対する理解度や愛の深さを伺い知れるだけではなく、彼自身の魅力をファンクにのせてありありと感じ取れる、そんな一枚だ。詞やアートワークを通じて表現されているユニークな世界にも深入りしてみたいところだが、また別の機会に。

■imdkm
ブロガー。1989年生まれ。山形の片隅で音楽について調べたり考えたりするのを趣味とする。
ブログ「ただの風邪。」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる