>  >  > back numberら実力派男性アーティストの新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.112

back number、三浦大知、KREVA、森山直太朗、ENDRECHERI…実力派男性アーティスト新作

関連タグ
back number
三浦大知
KREVA
森山直太朗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 初の東京ドーム公演を成功させたback number、いまや日本のエンターテインメントを代表する存在となった三浦大知など、音楽的クオリティと幅広いポピュラリティを備えた男性アーティストの新作を紹介。着実にキャリアを積み重ねている彼らの、熱量と才能がたっぷり込められた楽曲を堪能してほしい。

back number『大不正解』(通常盤)

 現在、初のドームツアーを開催中のback numberのニューシングル『大不正解』。表題曲は映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の主題歌だ。いわゆる書き下ろし曲だが、熱量の高いバンドサウンド、濃密な感情を込めたボーカル、〈僕等は完全無欠じゃ無い/原型を愛せる訳でも無い〉という歌詞がひとつになった骨太のロックチューンに仕上がっている。一般的には「クリスマスソング」「瞬き」などのバラードナンバーで知られる彼らだが、その根底にあるのはやはり、エモーショナルなロックバンドとしての存在感なのだ。プロデュースは蔦谷好位置。生々しいグルーヴと打ち込みのビートを共存させたアレンジもきわめて刺激的。自らのアイデンティティと新しいトライアルを同時に示した意義深い楽曲だと思う。

back number「大不正解」MV

三浦大知『Be Myself』(CD+DVD)

 三浦大知の物語性を重視したコンセプチュアルな作品『球体』と同じく、Nao’ymtのプロデュースによる表題曲「Be Myself」は、現行のオルタナR&Bと80年代のダンストラックをナチュラルに繋ぐようなトラック、心地よいグルーヴを描き出すボーカルが印象的なナンバー。“常に自分であれ”というテーマを押し出したリリックは、一貫して「どんなことをやっても“三浦大知は三浦大知”という存在でありたい」と発言している彼の、アーティストしてのベーシックなスタンスをそのまま反映している。“大切な人とのパーフェクトな休日”を描いた「Perfect Day Off」、息苦しいほどに哀切な恋愛模様を映し出す「Breathless」は三浦の作詞による楽曲だ。

三浦大知「Be Myself」MV

KREVA『存在感』

 〈存在感はある でも/でも、代表作が無いような気がした〉と吐露する「存在感」、自分自身の美意識そのものをテーマにした「俺の好きは狭い」。2019年のソロデビュー15周年へのキックオフ的な新作『存在感』のテーマは“個”。2ndアルバム『愛・自分博』ではグローバルな視点を提示し、常に音楽シーン全体、もっと大きく言えば世界全体を視野に入れて活動してきたKREVAは本作において、自分自身の現状と内側を冷徹に見つめ、あまりにもリアルで切実な楽曲に結びつけてみせた。シリアスな雰囲気のリリックを際立たせる、アンビニエントなトラックメイクも印象的。KREVAが紡ぎだす切実な言葉にじっくりと耳を傾けたい作品である。

KREVA『存在感』MV+Trailer

      

「back number、三浦大知、KREVA、森山直太朗、ENDRECHERI…実力派男性アーティスト新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版