国境なき現代の寵児 RUANN、「BEEP BEEP」で見せた才能と強い意志

国境なき現代の寵児 RUANN、「BEEP BEEP」で見せた才能と強い意志

 “生まれ変わる”とはまさにこのことである。その鮮烈なサウンド、愛らしいダンス、これまでのイメージを更新するカラフルなイメージに軽く衝撃を受けてしまった。

 実は、RUANNののライブを昨年(2018年8月26日・新宿ReNY)見たとき、才能溢れる若手が出てきたことに驚いたと同時に、この無限の才能を日本国内で燻らせておくのはもったいないのではないかという一抹の不安があった。しかし、今回の「BEEP BEEP」がリリースされ、そんな不安も綺麗に吹き飛んだのだ。

RUANN

 RUANNは2003年生まれの大阪府出身。英語や韓国語、中国語までをも習得し、歌やダンスだけでなくアコギやピアノも堪能で、歌唱力に至ってはONE OK ROCKのTakaが惚れ込んで自らの公演に招待するほど。そのボーダーレスな才能は、YouTubeなどで海外の文化に容易く触れられる現代において貴重な武器となる。エンタメシーンにおける国境なき現代の寵児として、新たなポップスターへとのぼり詰めるだろう。

 そんな彼女の楽曲は、これまでは良くも悪くも日本市場向けの楽曲スタイル、あるいは洋楽志向であっても2000年代ごろのようなサウンドの懐かしさを纏った音であった。しかし、新曲「BEEP BEEP」はK-POPアーティストに多く楽曲提供しているBlack eyed pilseungによるプロデュースとあって、急激に最新のサウンドへシフトチェンジしている。それによって楽曲水準が何段階も引き上がった印象だ。

 Black eyed pilseungは2014年結成の作曲家チーム。今まで楽曲提供してきたアーティストはApink、GOT7などで、TWICEの「Cheer Up」や「TT」の作曲をしたことで一躍名を馳せた気鋭のプロデューサーだ。こうした最新トレンドの音は、彼女自身もK-POPを好んで聴いているため何の迷いもなく取り組めたはず。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる