>  >  > SKE48『FRUSTRATION』は意欲作に?

SKE48、シングル『FRUSTRATION』首位獲得 多彩な楽曲にチャレンジした意欲作に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2019年8月5日付週間アルバムランキング(2019年7月22日~2019年7月28日)

 冒頭からしゃがんでいるメンバーたち、そしてダンサー風の男性、さらに「泡パ」を連想させる泡……。そんなLAで撮影された映像で構成されているのが、SKE48の「FRUSTRATION」のMV。7月24日発売にして2019年最初のシングル、そして2011年の「バンザイVenus」から21作連続の1位獲得曲(2019年8月5日付オリコン週間シングルランキング)となりました。

SKE48『FRUSTRATION』(Type-A)(通常盤)

 イントロから男声のラップが入る「FRUSTRATION」は、思いきりダンスミュージックに傾倒した作品です。作曲は、SKE48の「Innocence」や「ピノキオ軍」を手がけてきた横健介、編曲はLAを拠点に活動するICHI、そしてKEN HARADA。Aメロやサビでは男声がサンプリングされ続け、随所にラップも挿入されます。こうしたトライバルな匂いのするサウンドは、欧米のトレンドとも共振するもの。これだけエッジが尖ったサウンドにすることは現在のSKE48にとっては大きな冒険だったでしょうが、それにチャートの結果がついてきたわけです。

SKE48 / SKE48 「FRUSTRATION」Music Video(special edit ver.)/2019年7月24日発売

 カップリングは、Passion For You選抜による「ゲームしませんか?」。「FRUSTRATION」から続けて聴くと、「48歌謡」と呼びたくなるようなクセのなさに驚かされます。ただ、そうしたサウンドも、実際にはブラスセクションやコーラスの多用など、独自のマナーや美意識に強く支配されているものです。

 Type-Aに収録されているカミングフレーバーによる「せ~ので言おうぜ!」も、そうした48歌謡のマナーを踏襲しています。こちらはアップテンポにしてエレキギターが前面に出ており、楽曲ごとにサウンドの要素も調整されているわけです。

 一気にエレクトロなサウンドになっているのがType-Bに収録されている紅組による「人生の無駄遣い」。ダブステップの要素も顔を出します。

      

「SKE48、シングル『FRUSTRATION』首位獲得 多彩な楽曲にチャレンジした意欲作に」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版