>  >  > 三代目JSBら1億回超えMV振り返る

三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、桐谷健太「海の声」……MVで再確認する桁違いのヒット曲たち

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 初夏の恒例となった大型音楽番組『THE MUSIC DAY』が、今年も7月6日13時30分から9時間半にわたり生放送される。昨年に引き続き櫻井翔を総合司会に迎えた今回のテーマは“時代”。次の時代に残したい「平成」の名曲や、「令和」の始まりを飾るアーティスト、時代を超えて歌い継がれる曲などが集結するという。さらに今年はアジアでの放送が拡大し、7つの国と地域で同時生放送。およそ60組のアーティストが繰り広げるパフォーマンスで、日本のみならずアジア各国が熱狂に包まれることとなるだろう。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」

 『THE MUSIC DAY』の目玉企画のひとつが、さまざまなテーマを掲げたメドレーだ。グループの垣根を越えた一夜限りのスペシャルな編成で披露する「ジャニーズシャッフルデビュー曲メドレー」をはじめ、ご当地ソングを集めた「日本一周47都道府県メドレー」、個性的な歌声で聴かせる「ハスキーボイスメドレー」など、一風変わった企画が並ぶ。その中で注目の「動画再生1億超えメドレー」では動画再生回数が1億回を超える大ヒット曲を一挙に紹介するという。ラインナップは、AKB48「ヘビーローテーション」、桐谷健太「海の声」、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」、DA PUMP「U.S.A.」、ピコ太郎「PPAP」と、文字通り誰もが知る曲ばかり。改めてMVの特徴や見どころを振り返ってみよう。

AKB48「ヘビーローテーション」

AKB48「ヘビーローテーション」

 メンバーたちがランジェリー姿ではしゃぐ様子がインパクトを放ったAKB48の黄金時代を象徴する1曲。MVで描かれる極彩色の世界は、写真家/映画監督として活躍する蜷川実花の手によるもので、“男子不在の女子校のような女の子の世界を描きたい”という思いから制作されたという(参考:蜷川実花 公式ブログ)。メンバーの飾らない表情はアイドルファンのみならず、同世代の女子たちなど幅広い世代からも支持を集め、まさにAKBが持つ個性が存分に発揮されたMVだったと言えよう。

浦島太郎(桐谷健太)「海の声」

「海の声」 フルver/浦島太郎(桐谷健太) 【公式】

 auが制作するCM「三太郎」シリーズから派生した楽曲。桐谷健太演じる浦島太郎(通称:浦ちゃん)がCMの中で歌う『auガラホ「海の声」篇』のために作られたオリジナル曲で、iTunes Storeやレコチョクなど計13の配信サイトで総合1位を獲得するなど、CM楽曲としては異例のヒットを記録した。MVは桐谷がCM中の衣装のまま、自ら三線を奏でて歌うというシンプルなもの。それゆえ楽曲の良さ、桐谷のハスキーな声の魅力が引き立っている。YouTubeのコメントには「日本的な情緒に感動した」と語る海外のファンからの声も多い。

      

「三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、桐谷健太「海の声」……MVで再確認する桁違いのヒット曲たち」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版