>  > ソナポケ、GFRIENDとの初コラボで受けた刺激

『Oh difficult ~Sonar Pocket×GFRIEND』インタビュー

Sonar Pocket、GFRIENDとの初コラボで受けた刺激「僕らの存在もアジアに広がっていけたら」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sonar Pocketが、初のコラボシングル『Oh difficult ~Sonar Pocket×GFRIEND』をリリース。韓国のガールズグループ・GFRIENDとのデュエットソングで、男女の視点で描かれた恋模様が実に切ない。

Sonar Pocket / Oh difficult ~Sonar Pocket×GFRIEND

 どこか歌謡曲を思わせるキャッチーなメロディと最先端のビート、GFRIENDのピュアなボーカルとのハーモニーも美しく胸を掴まれるようだ。日本と韓国で行われた制作について話を聞くうちに、Sonar Pocketの海外に対する意識も感じられるインタビューになった。(榑林史章)

GFRIENDとの制作から学んだこと

Sonar Pocket

ーー今回のシングル曲「Oh difficult ~Sonar Pocket×GFRIEND」は、韓国のガールズグループのGFRIENDとのコラボ。どういう経緯でコラボすることになったんですか?

ko-dai:昨年メジャーデビュー10周年を迎えて、これからは自分たちが今までやったことのないことに挑戦していくことも、活動のテーマにしていこうと思っていて。それで他のアーティストとのコラボレーションは、まだ一度もやったことがなかったから、じゃあこの機会にやってみようか、と。それで、コラボレーション相手を日本という枠内に限定せず選んだほうがいいんじゃないかって。

ーー最初から世界に目を向けていたのは、さすがですね。

ko-dai:10年コラボをしていなかったんだから、初めてやる時はこれくらい驚かせないとね。相手を選ぶ上では、まだあまりイメージや色がついていなくて、でも誰も知らないような新人ではなくて、一緒にやることで新鮮さやインパクトを感じてもらえる方がいいと思っていました。

eyeron:GFRIENDさんは、日本でCDデビューしてまだ1年くらいなので。

ko-dai:それに僕らとはジャンルが違う、ダンス&ボーカルグループなので、MVも含めて、一緒にやれたら面白いものが出来るんじゃないかと思いました。それにメンバー全員の声が、いい意味で違った個性があって。僕ら2人の声と一緒になった時に、もっといろんな表情を見せてくれそうだと思って。それでオファーをさせてもらったら、先方からも快いお返事をいただき、こうなったわけです。

ーーeyeronさんは、K-POPのアーティストについてはどんな印象ですか?

eyeron:それこそ今は、世界の音楽の主流のひとつにK-POPが入ってきていますよね。アメリカのビルボードチャートの上位に入るアーティストの誰もが、韓国のアーティストとコラボしたがっています。それくらい、今世界中でも目が離せないのがK-POPなんです。自分たちの新たな挑戦として、初めてのコラボの相手が、GFRIENDさんだというのがすごく嬉しいし、これによってファンの幅や活動の幅もぐんと広がることを期待しています。これから先、15周年、20周年を迎える時、きっとやっていて良かったと思えるものになると思って、すごくワクワクしています。

ko-dai:僕らのSNSにも、アジアや海外の方からたくさんコメントをいただくので、そういうファンのみなさんにもより身近に僕らの音楽を楽しんでいただけると思いますし、GFRIENDさんを通して僕らの存在がもっとアジア全土に広がっていけたらいいなと思いますね。

ーー日本だとかアジアだとか言っているのは、もう古いわけですね。

matty:GFRIENDのみなさんは僕らよりぜんぜん若くて、韓国ではデビューして何年も経っているけど日本ではまだ1年なんです。一緒にレコーディングをした時、レコーディングに対する意識がすごく高いことに驚きました。僕らはもうこのテイクでいいんじゃないかと思っていても、彼女たちのほうから「もう一度歌わせて欲しい」と言ってくれて。6人とも自分たちが納得するまで、何度もテイクを重ねていったんです。そこは、逆に学ばせてもらった感じです。ぼくらも追求するところはするけど、女性のレコーディング現場に立ち会ったのは初めてだったから、彼女たちのそういう姿からは、すごく刺激を受けました。

ーーレコーディングは日本で行ったんですか?

eyeron:日本のスタジオでレコーディングしました。僕らが自分たちのパートを先に録っておいて、そこに合わせて歌ってもらいました。

ーー楽曲も、GFRIENDと一緒にやるために作った?

ko-dai:はい。そのために2曲作ったうちの1曲がこれです。

eyeron:曲作りで意識したのは、やっぱりキーですね。いつもの僕らの曲ならキーをもっと高くするんですけど、それに合わせると女性側のキーが高くなりすぎてしまうんです。

eyeron

ーーK-POPのようなダンスチューンという選択肢もあったと思いますけど、こういうミディアムチューンにしたのは、どういう意図があったんですか?

ko-dai:ダンスチューンも作ったんですよ。2曲のうちの1曲がそうで、両方送って先方に選んでもらったら、「こっちの曲がいいですね」ということだったので。

matty:令和になって、初めてのデュエットソングじゃないかなって思っているんですけど、どう思います? 確認が取れていないので、今のところ自称なんですけど。

ーー確かにそうかもしれないですね。椎名林檎のアルバム『三毒史』に収録の「駆け落ち者」が、椎名林檎と櫻井敦司ですが、シングルとして発売されるものは初かもしれない。日韓のコラボという意味では完全に初です。

ko-dai:ですよね。実は僕、韓国が好きでよく旅行するんです。年に3~4回は行っています。

ーーけっこう行きますね!

matty:MVの撮影は韓国で行ったんですけど、僕はそれが人生で初めての韓国だったんです。ko-daiが詳しいから、撮影の合間に行く食事をするお店など全部アテンドしてくれて。詳しいだけあって、どのお店も美味しかったですよ。

ko-dai:僕が初めて行ったのは2012年初頭で、それが自分で行く初海外だったこともあって印象的だったんです。ご飯が美味しい、物価が安い、エステや美容系が進んでいて、占いも種類がたくさんある。

ーーどこかのOLさんですか(笑)。

ko-dai:まさにOLさんかのような旅を、後輩としたんです。それがすごく楽しかった思い出があって。

eyeron:俺は、修学旅行を含めて3回目でした。前回行ったのが10年以上前だから、街もまったく変わっていて、ほとんど初めてみたいなものでした。日本と文化が似ているようだけど、行くと全然違うから、刺激にはなりましたね。

matty:でもeyeronは、韓国でも日本にいるのと変わらずランニングをしていて。肌で韓国の風を感じていて。

eyeron:そうそう。知り合いに韓国人ランナーがいて、どこを走ればいいかなど、事前に走るコースを教えてもらっていて。でも韓国では、ナイトランと言って、若者の間では夜走ることが流行っているらしいです。俺は、それには参加しなかったけど。そういう面でも、日本のカルチャーとは違うなと思います。ブレイクダンスもすごく強いですよ。少し前までは日本も強かったけど、今は韓国人が世界チャンピオンになったりしている。

ko-dai:日本よりも人口は少ないけど、エンターテインメント文化は、日本以上に発達していますね。

「Sonar Pocket、GFRIENDとの初コラボで受けた刺激「僕らの存在もアジアに広がっていけたら」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版