テイラー・スウィフト「You Need to Calm Down」、ポップなMVに込められた本当の狙い

 「頭を冷やしなさいよ! (you need to calm down)」

 7作目のアルバム『Lover』の発売を前に、思いきりLGBTQムーブメントのサポートに踏み込んだシングル「You Need to Calm Down」をリリースしたテイラー・スウィフト。彼女自身が起こした同性愛者の平等を促す訴えが、下院議会を通ったことを受け、上院にも通そうという目論見のもとに作った曲だ。同曲は瞬く間にLGBTQコミュニティのアンセムになり、続く6月17日、プライド月間の真ん中で披露したビデオが良くも悪くも大きな話題になっている。ビデオアーティストのドリュー・キルシュを共同監督に、YouTuberからスターになったトドリック・ホールをサポート役に据え、30人弱もの同性愛を公言しているセレブリティを揃えたビデオはとことんポップなのだが、狙いとメッセージは辛辣だ。「良くも悪くも」の理由を解説してみよう。

Taylor Swift – You Need To Calm Down

楽曲に対して巻き起こる「良い反響」と「悪い反響」 

 「良い反響」はまず、テイラーの新作をとにかく楽しみにしているファンから巻き起こっている。彼女が好きな数字である13や過去の歌詞を映像のあちこちに埋め込み、新作への期待を膨らませる手法はさすがである。ラップ調で〈そっちの表現の自由は尊重するつもり/ほかの人を気にしたり絡んだりするのは楽しくないのもわかっているし〉と断りながら、テレビ界の超大物司会者エレン・デジェネレスや、ドラァグクィーンカルチャーのアイコン、ル・ポールらカメオ出演した有名人たちをカラフルで陽気に描く一方、同性愛者を攻撃するデモ参加者については醜く、意思表示のためのプラカードの字をわざと間違えるなど、無教養に見せるなど容赦がない。有名人の内訳はフレディ・マーキュリーの後がまポジションがハマってきたアダム・ランバートやオリンピック・スケーター、アダム・リッポンなど。筆者は大好きなコメディドラマ『モダン・ファミリー』のミッチェル(役)が、R&B界の人気者シアラの仕切りで結婚しているシーンで思わず微笑んでしまった。後半になると、ル・ポールの長寿番組『ドラァグ・レース』の出演者たちがアリアナ・グランデやレディ・ガガ、アデル、カーディ・B、ビヨンセ、ケイティ・ペリー、ニッキー・ミナージュ、そしてテイラー自身に扮するシーンが出てくる。これは、ただの仮装大会ではなく、テイラーは〈ネットで私たちを比べている人たちなら知っている/私たち全員勝ち組なのにね〉というリリックをかぶせ、「この人たちと私を比べるのをやめてちょうだい」という真意を伝えてから、王冠を宙に飛ばす。

 では、「悪い反響」も少し。まず、「新譜の宣伝にLGBTQの話題を使うべきではない」というカルチュラルアプロプリエーション(「文化の盗用」とよく訳されるが、「文化の誤用」か「文化的でしゃばり」あたりが適当だろう)という、最近ことあるごとに出てきてしまう声。これは感情論なので受け流すしかないが、「自殺者も出ている性差別の深刻さと、自分に対するネットの悪口を同列にするのは軽いのではないか」という意見は、私も少し同意してしまった。「(高級テキーラの)パトロンのショットを飲むみたいに、口撃(ショット)をしてくる」というラインも秀逸だけれど、どこかライトだ。ポップディーバが音楽で性差別と闘うのはアメリカのお家芸であり、この方面の大先輩、マドンナやレディ・ガガは自分自身が「異端」として扱われたため、一体感と説得力があった。今回、テイラーの新曲について、同性愛者側の批評家が書いたレビューは、「ありがとうね、でもなんか違うんだよねー」との論調が多いのだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!