當山みれいがファンに飛躍を誓った夜 歌手としてのタフな一面見せたワンマンツアー東京公演

當山みれいがファンに飛躍を誓った夜 歌手としてのタフな一面見せたワンマンツアー東京公演

 當山みれいが6月1日にワンマンツアー『Live Tour 2019 ”Answer”』の東京公演をduo MUSIC EXCHANGEにて開催した。

當山みれい

 ダンサー2人とともに彼女がステージに登場。会場から大きな歓声が起きる中、まずKREVAの「音色」へのアンサーソングである「音色 Regards」が1曲目に流れ始め、キレ味の良いダンスを見せながらパワフルな歌声を披露。サビパートの盛り上がりや要所要所での煽りなど、ライブでのコール&レスポンスは折り紙付き。彼女が発する一言一言がアクセルのように機能し、序盤から勢いよくライブはスタートした。

 続いて「P.S. 等身大のラブソング」を歌い切ると、MCコーナーで「みなさんこんばんは、當山みれいです!」と元気よく挨拶。この日まで「ドキドキワクワクでした。みなさんの姿を見たらこみ上げるものがあって……」と素直な心境を述べた。

 愛らしいキャラクターと朗らかな性格の彼女。明るくトークする様子は歌う姿とは対照的で、愛嬌がある。次に披露した「君のとなり」「Fallin’ Out」「キミの好きなうた」はしっとりとしたナンバー。抜群の歌唱力もあって、オーディエンスはじっくりと聴き入る。

 しかし、この日最も素晴らしかったのは次に行われたメドレーではないだろうか。「Love Me Crazy」~「Tiger」~「Memories」といったグルーヴィーかつダンサブルな楽曲を休みなく歌い上げると、これには会場も湧き上がり、歓声や手拍子がどこからともなく自然と起きた。

 コラボ曲である「キカセテホシイ feat. 寿君」と「ひとつだけの feat. TAK-Z」の2曲ではゲストの寿君とTAK-Zと息の合ったパフォーマンスを見せる。こうしたデュエットソングでの當山の表情は、ソロとはまた違った魅力がある。曲を終えると2人を迎えて和気あいあいとしたトークを展開。笑いの絶えないMCで場を和ませた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!