THE XXXXXX 山田孝之、山田涼介との出会い振り返る「『どうも、山田です』って言いたかった」

 5月31日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に乃木坂46、小さな恋のうたバンド feat. MONGOL800、布袋寅泰、Hey! Say! JUMP、Little Glee Monster、THE XXXXXX、椎名林檎と櫻井敦司が出演した。

 MONGOL800の「小さな恋のうた」は、平成で最もカラオケで歌われた男性アーティスト曲。この楽曲を元に制作された映画『小さな恋のうた』が先週公開され、主演の佐野勇斗を始め注目の若手俳優が集結したのが「小さな恋のうたバンド」だ。今回はMONGOL800との初共演が実現し、一夜限りのスペシャルコラボを披露する。佐野は「小さな恋のうた」について、「中学1年生の頃に始めて買った曲がこの曲で」とコメント。Hey! Say! JUMPの山田涼介も「この歌大好きでカラオケでも本当によく歌いますし、山下智久くんの出演していたドラマ(『プロポーズ大作戦』)の劇中に使われる印象が強いですね。今回のコラボ本当に楽しみにしていました」とエールを送る。MONGOL800との共演を控える佐野は、「緊張していますけど、全力でみなさんに気持ちを届けたいと頑張ります!」と意気込みを語った。

THE XXXXXX『THE XXXXXX』

 山田孝之、綾野剛、内田朝陽による3人組バンド・THE XXXXXXは、「冷静に暴れていこうか(Rearrange)」を披露。2012年、綾野と内田が共演した舞台『サイケデリック・ペイン』を山田が観劇したことがきっかけで始動した。結成から6年にして、今回テレビ初パフォーマンス。「冷静に暴れていこうか」は作詞、作曲、アレンジ全てを彼らが担当している。元々バンドを組みたいと思っていたという綾野は「孝之とカラオケに行った時に、THE YELLOW MONKEYの『球根』を彼が歌ったんですよね。その声を聞いて、彼のために曲を作りたいなって思うのがきっかけでしたね」と結成の経緯を説明。また、結成のきっかけには布袋寅泰も関係しているようで、『サイケデリック・ペイン』の音楽を担当していた布袋は「2人(綾野、内田)がバンドの演奏を始めてするっていう時に、僕が手ほどきしたんですよね。でもね、いつか絶対バンドやるだろうなっていう、その時から熱いものを感じていましたよ。おめでとう」と賞賛。また、山田孝之は山田涼介と偶然会ったことがあるらしく、「その時どうしても『どうも、山田です』って言いたかったんです」と山田孝之が振り返ると、山田涼介も「僕も『どうも、山田です』」と返し、通じ合った2人の姿に笑いが起こっていた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!