>  >  > 山田涼介、6年の時を経て再びソロで歌う意義

山田涼介はHey! Say! JUMPに恋し続けている 6年の時を経て今再びソロで歌う意義

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hey! Say! JUMPが5月22日に両A面シングル『Lucky-Unlucky / Oh! my darling』をリリースした。なかでも注目を集めているのが、山田涼介のソロシングル「Oh! my darling」だ。

 約6年前、『ミステリー ヴァージン』でソロデビューを果たしている山田。堂本剛、松本潤、亀梨和也に続いて、4代目・金田一少年を演じたスペシャルドラマ『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』(日本テレビ系)の主題歌として制作された楽曲だった。

 歴代のスーパースターによって受け継がれてきた役柄への抜擢。そして、その主題歌でのソロデビュー……と聞けば喜びでいっぱいのはずだが、山田の心境は穏やかではなかった。当時、Hey! Say! JUMPとしてシングルのリリースタイミングがあいていたこともあり、どこかモヤモヤを抱えていた時期だったのだ。大所帯のHey! Say! JUMPが、どうしたら一人ひとりが輝き、そしてグループとなったときにさらにパワーアップできるのか。その術を模索していたタイミングだった。

 そんなときに舞い込んできた、ソロデビューの話。山田の中にはいつだって「JUMPとして売れたい」という思いが強くあり、相当悩んでいたと雑誌やラジオで語られている。ソロデビューは嬉しいけれど「今じゃない」。どうにかソロデビューの話を覆せないかと、事務所やマネージャーにもかけ合おうとしていたところ、声をかけたのがメンバーの有岡大貴と高木雄也だったという。

 ふたりは、Hey! Say! JUMPとしてもう1段階ステップアップするためにも、「山田がきっかけになってくれればいいんじゃないの?」と背中を押したのだ。「俺だったら言えないよ。すごい大人だなって思った。そのときのJUMPみんなが。すごく、やっぱ“ああ、このメンバーでやってきてよかったな”と思った瞬間だった」と振り返る。

 「ミステリーヴァージン」は、ドラマの雰囲気も踏襲しながら、同時に山田の持つ憂いや繊細な部分に触れてしまうような危うさが印象的だ。キレのあるダンスは、Hey! Say! JUMPや山田自身につきまとうモヤモヤした空気を振り払うかのように、鬼気迫るものを感じた。

      

「山田涼介はHey! Say! JUMPに恋し続けている 6年の時を経て今再びソロで歌う意義」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版