mono palette.のライブから感じた4人の絆 笑いと感動渦巻くTSUTAYA O-EAST公演を見た

mono palette.のライブから感じた4人の絆 笑いと感動渦巻くTSUTAYA O-EAST公演を見た

 mono palette.が誇示したのは、4人だからこそ成り立つ演出の数々ーー昨年、12月26日に一時活動休止を宣言した、リーダー・あげいん復帰後のワンマンライブツアー『mono palette. Spring Tour 2019 – Amorous petal-』のうち、彼らが5月19日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催したファイナルの1部公演をレポートする。

mono palette

 SEが流れると、あげいん、Rim、雪見、3部が大歓声を受けながら登場。あげいんが、「東京ファイナル、盛り上がっていけるか?」と煽り、1曲目に披露したのは「花鳥風月」。グループ初のダンスを試みた「アンダーカレント」で観客の心を奪った後に、あげいんが、「『mono palette. – Amorous petal-』東京公演へようこそ!」「mono palette.に会いたかったですか?」と観客にマイクを向けると、「次の曲はね、我ら昨日動画を投稿したんですけれど……その曲じゃないです(笑)」とボケを入れ、メンバーが突っ込む。この恒例的なやりとりに、あげいんが帰ってきたんだと実感する。続くNEWSのカバー「weeeek」、「恋のABO」では、彼らが歌い手の枠に留らないことを提示した。

Arrow
Arrow
あげいん
ArrowArrow
Slider

 ここからはソロパート。まずは、「皆にもサビを歌ってほしいんですよね」と言った雪見が、「ロキ」を披露。等間隔に置かれた3台のお立ち台に足を掛けた雪見とバンドメンバーが、観客をぐんぐん巻き込む。次にあげいんが、「皆さん、元気ですか? その元気があれば次の曲は絶対楽しめると思う」と言い、コール&レスポンスの練習をして「ラブヘイトマジョリティ」へ。バンドメンバーと笑顔で目を合わせ、〈メンドクサイ♪〉でポーズを決めれば、黄色い大歓声がどっと沸く。次に続いた3部は、「禍禍≫Reflection」でヘドバンで会場を盛り上げ、Rimへ繋ぐ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!