松岡侑李として初のワンマンライブ 観客との間に築かれた“鏡”のような関係

松岡侑李として初のワンマンライブ 観客との間に築かれた“鏡”のような関係

 ‟いかさん”こと‟松岡侑李”が、4月21日に代官山UNITにて、初のワンマンライブ『Yuri Matsuoka Release Live「.A」「.B」「.C」』を開催した。2011年にニコニコ動画などの動画サイトを中心として、ロートーンからハイトーンボイスといったジェンダーレスな歌声で多くのファンを魅了し続けてきた歌い手・いかさん。一方で、2016年からは松岡侑李としても声優/俳優のフィールドで活躍し、2019年には松岡侑李名義での活動を始動。この日のライブは、2019年の1月から3月にかけて3か月連続リリースした、松岡侑李名義では初となる、1stミニアルバム『.A』『.B』『.C』を記念したもの。

 荘厳な序曲が流れ、ステージ脇から登場したのは、土屋浩一(Gt)、tabokun(Ba)、藤野隼司(Dr)、村田祐一(Mani)、ムーチョ(Gt)。大歓声を受けて、赤いスーツ衣装を纏った、松岡侑李が颯爽とステージ中央に上がる。開口一番「さぁ、最高の夜をお届けしよう」と放ち、『.A』リード曲の「Burn!」からスタート。4つ打ちビートに乗せた、華麗なダンスと凛とした歌唱力。気付けば、松岡の施す演出に吸い込まれるようにして見入っていた。「イディオティックエレジー」ではビブラートを効かせ、憂いある表情で歌い上げる。続く「GlossyXXX」では、時折、観客一人ひとりの顔色をうかがうような眼差しで、開放感のあるダンスを披露していた。

 「皆さん、こんばんは! ありがとう。お待たせ、松岡侑李です。今日はよろしくお願いします!」粋な一声に、大きな拍手と歓声が沸く。「はじめましての子も多いのかな? 緊張してる? どきどきするね」あまりの美声に、思わず観客の笑みが零れる。間を空けて言葉一つひとつを話すのは、舞台・イベント公演をも務める松岡ならではの持ち味であり、溜めることで重みを増した言葉に誰もが魔法をかけられたようで、松岡の声に耳をそばだてていた。MC後は、爽やかなナンバー「Starting Chapter」、葛藤心の滲む「Mind Bounce」、壮大なラブバラード「ジプソフィラ」を立て続けに披露。アルバムでは、サックスがムーディな雰囲気を作る「ジプソフィラ」が、この日に限り、サックスではなく、ギターソロを取り入れた演出となり、特別感を生み出していた。その場を動かず、じっくりと歌声を届けていた松岡がひとりステージを去った後には、残ったバンドメンバーが余すことなく、豪快な音を紡いでいく。

 中盤戦では、あらかじめ録音された松岡のセリフが流れた後、ラフな青いブルゾンに身を包んだ松岡が登場。〈(さぁ、おいで?)〉などのセリフも入った『.B』リード曲、「Louder!Louder!」の旋律に会場の熱はドクドクと高まる。「君たちのその心の叫びをこの場所で体裁も煩悩も全てを投げ捨てて今ぶつけてはくれないか」そう言い、頭からシンガロングを巻き起こした「Beyond all…」では、両手をいっぱいに広げ、会場の様々な熱を精一杯受け止める松岡の姿があった。間髪入れずに、とめどない轟音が鳴り響く「E.X.I.T」へ。「ここに居る皆は松岡にとって鏡のようなものだと思っている。皆がいい顔していれば自分もきっとそうなんだろうと安心するんだ。ありがとう」短いMCを挟んだ後は、「サヨナラのうた」。アコースティックのみのシンプルな演奏と松岡の澄み渡る歌声に、皆が心酔した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる