TiA、RIRI、milet ……令和注目、圧倒的な歌唱力で魂を揺さぶる女性シンガー5選

 『コーチェラ2019』におけるアリアナ・グランデやビリー・アイリッシュの強烈なステージを例に出すまでもなく、現在の音楽シーンで存在感を示すためには、優れたパフォーマンス能力が必要不可欠。国内外を問わず、ブレイクを目指すアーティストはすべからく高い演奏力、際立った歌唱力を持っていなくてはならないし、実際、“演奏が上手い”、“歌がすごい”という評価を得ることで一気に注目度が上がることは非常に多い……と「当たり前だろ、そんなこと」と思われそうなことを書いているのはもちろん理由がある。ここ数年、歌唱力が評価されることをきっかけにブレイクに近づいている女性アーティストが次々と登場しているのだ。吉田美和(DREAMS COME TRUE)、MISIA、絢香、Superflyなど、歌の凄さ、歌の良さによって長く支持されているアーティストの系譜を継ぐ、魅力的なニューカマーを紹介したいと思う。

 まずはRIRI。1999年生まれの彼女は、海外のR&B/ポップスをルーツに持ち、音楽活動をスタートさせた当初から世界を視野に入れていた。2018年2月にアルバム『RIRI』でメジャーデビューを果たした彼女は、しなやかにして濃密なグルーヴをたたえた歌声によってすぐに注目を集め、全国47局のパワープレイを獲得。世界的DJのZeddから自身のヒットチューン「Stay」(Zedd&Alessia Cara)のカバーを依頼されたことも、シンガーとしてのポテンシャルの高さを証明しているだろう。J-POPの枠を超えながら、決して洋楽のマネではない、日本語に気持ちよくグルーヴさせる独創的なスタイルを掴み取っていることが彼女の最大の魅力だと思う。

RIRI 「luv luv feat. Junoflo」(Prod. by Ryan Hemsworth) Music Video

 デビュー作『inside you EP』でメジャーデビューを果たしたmiletもまた、この先の音楽シーンを担う資質を備えたニューカマーだ。ONE OK ROCKのToru(Gt)のプロデュース楽曲「inside you」はドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のオープニングテーマに起用され、オンエアが始まると同時に「この歌を歌っているのは誰?」とSNSを中心に話題を集めた。幼少の頃からフルートを習い、クラシックに親しみつつ、家族の影響でシガー・ロス、ビョーク、クーラ・シェイカーなどを聴いていたという彼女。そのボーカルは、壮大なスケール感、上質な手触り、そして、幅広い音楽要素を含んだ表現力を同時に放っている。彼女もまた、デビュー直後から“この人にしか歌えない”オリジナリティを獲得していると言っていい。

milet「Runway」MUSIC VIDEO(2nd EP『Wonderland EP』5/15 on sale)

 フィリピン、アメリカの音楽賞を獲得したハイトーン系シンガーBeverly、『第5回全日本歌唱力選手権 歌唱王』で披露した「Listen」(ビヨンセ)で一気に注目を集めた遥海なども高い歌唱力で支持を得ている。

Beverly / Adventure(テイルズ オブ アスタリア アヴァロンに眠る輝石 テーマ)
遥海 – Don’t Break My Heart

 それぞれに際立った個性を持っているが、あえて共通点を挙げるとすれば、“豊かで個性的な音楽なルーツ”、“一声で印象に残るインパクト”、“幅広い層のリスナーに訴求できるポップネス”ということになるだろうか。最後に紹介するTiAも、その条件を兼ね備えている一人。本格的なゴスペルミュージックの素養と日本語のポップスを結び付ける、極めて稀なスタイルを持ったシンガーだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!