>  >  > アジカンら個性と最新モード実感できる新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.150

アジカン、ヒゲダン、KEYTALK……バンドの個性と最新モードを実感できる新作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本のロックの新たな名作『ホームタウン』の次のビジョンを示すASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューシングル、本格的ブレイク間近のOfficial髭男dismが映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌として制作した新曲など、いま注目すべきバンドの個性と最新モードが感じられる新作を紹介!

ASIAN KUNG-FU GENERATION『Dororo / 解放区』(通常盤)

 豊かな中低域を中心にした世界標準のサウンドメイクを実現、ホリエアツシ(ストレイテナー)、リヴァース・クオモ(Weezer)らをソングライターに迎えるなど、ロックバンドとして新たな地平を切り開いたアルバム『ホームタウン』(2018年12月)を経て届けられたニューシングル『Dororo / 解放区』でASIAN KUNG-FU GENERATIONは、さらなる未来に突き進む意思をはっきりと証明している。骨太にして鋭利なバンドサウンド、“闇の奥にあるはずの光”をモチーフにした歌を融合させた「Dororo」、そして、オーセンティックなギターロックを軸にしながら、楽曲の後半でポエトリーリーディングを取り入れ、〈フリーダム〉〈解放!〉というシンガロングに結びつく「解放区」。パワーポップバンドとしての存在感をキープしながら、斬新かつ現代的な表現にトライし続けるアジカンの現在地がここにある。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Dororo』

Official髭男dism『Pretender』(CD Only)

 ブラックミュージックのテイストを織り込んだサウンドメイク、色彩豊かなメロディによってコアな音楽リスナーから一般的なJ-POPユーザーまで幅広い層にアピールし続け、本格的なブレイクに向かって加速しているOfficial髭男dismのニューシングル表題曲「Pretender」は、映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌として制作されたミディアムチューン。しなやかなグルーヴを描き出すドラムとベース、煌びやかで切ないギターのフレーズ、豊かなリズムを内包したメロディ、そして、〈君の運命のヒトは僕じゃない〉という認識から生まれる感情をリリカルに綴った歌詞。しっかりと精査されたファクターを自然に組み合わせることで、聴感的な気持ちよさとグッとくるエモさを同時に感じさせてくれるこの曲は、藤原聡のソングライティングの確かさ、ポップバンドとしての質の高さを改めて示すことになるだろう。

Official髭男dism – Pretender[Official Video]

KEYTALK『BUBBLE-GUM MAGIC』(通常盤)

 レーベルを移籍し、再スタートを切るKEYTALKのニューシングル『BUBBLE-GUM MAGIC』(作詞/作曲:首藤義勝)は、BPMを抑え、ソウル、ファンクの要素を加えたリズム、起伏に富んだメロディライン、ワウギターによるソロなどを組み合わせたナンバー。高速の4つ打ちビートで2010年代のバンドシーンのド真ん中に躍り出た彼らは今、これまでとは違うテイストのグルーヴを獲得し、新たなバンド像を提示しようとしている。その意思を示しているのが、〈終わらない 終わることない 地平線に舞い上がれ MAGIC〉というフレーズだろう。カップリングの「海」(作詞/作曲:寺中友将)はアコースティックな雰囲気のミディアムバラード。叙情性をたたえた旋律、夏の終わりの切ない思い出を映し出す歌詞からは、王道のJ-POPをルーツに持つ寺中の作家性が感じられる。

KEYTALK – 「BUBBLE-GUM MAGIC」MUSIC VIDEO

      

「アジカン、ヒゲダン、KEYTALK……バンドの個性と最新モードを実感できる新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版