>  >  > リル・キムら、活発な動きを見せるフィメールMCたち

サウィーティー、キューバン・ドール、リル・キム……活発な動きを見せるフィメールMCたち

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨今、さらに活発な動きを見せているのがフィメールMCの皆さまたち。カーディ・Bよろしく、ドラマティックな自分の出自やプライべートを押し出して活躍している新人アーティストもいれば、復活劇を狙うベテランたちの動きも。今年の初旬には、あのミッシー・エリオットが女性ラッパーとして初となるソングライターの殿堂入りを果たすという大きな動きもありました。今回は、ひときわ元気のいい女性ラッパーたちを紹介します。

 まずは“Icy Girl”の異名を持つカリフォルニアの女の子、サウィーティー(実際には限りなく“スウィーティー”に近い発音のような気もしますが……)。昨年、デビューEPの『High Maintenance』がスマッシュヒットを記録し、一気にシーンの注目を集めました。

サウィーティー『High Maintenance』

 そして同じ昨年から、ラップトリオ、Migosの中心メンバーとも言えるクエイヴォのガールフレンドとしても噂されるようになり、カーディ・B&オフセットに続く、ヒップホップシーンの若手パワーカップルの座にも座っています。そんなサウィーティーがリリースした最新EP『ICY』は、私の趣向をかなりくすぐるバウンシーな出来。デニムのビキニを纏ったアートワークは、かのフォクシー・ブラウンが2001年に放ったアルバム『Broken Silence』を彷彿とさせます。全7曲中、恋人のクエイヴォが2曲で参加。中でも「Emotional」はキレのいいクエイヴォのフロウに、スムーズなサウィーティーのバースが絡み合う佳曲。80年代後半を思い出させるようなオールドスクール調のビートもハマっています。妖艶なバイブスが漂う「Dipped In Ice」も個人的なファイバリットですが、最もテンションが上がったのはやはり「My Type」でしょう。なんと、ピーティー・パブロが2003年にリリースしたヒットシングル「Freek-A-Leek」のビートをほぼそのまま敷いています! もともと、リル・ジョンがプロデュースを手がけ、当時のクランクブームを押し上げたことでも知られる「Freek-A-Leek」ですが、原曲に負けじとサウィーティーが威勢のいいラップを乗せています。「My Type」のプロデュースを手がけたのは、数々のアトランタ・サウンドを手がけてきたロンドン・オン・ダ・トラック。なぜこのネタ使いに踏み切ったのか、その理由も気になるところです。前作EP『High Mentenance』同様、思い切ったビートとアクの強い彼女のラップ魅力的な『ICY』。アルバムの発表も待ち遠しいところです。

Saweetie – My Type (Official Audio)

 そして続いてはキューバン・ドールの最新ミックステープ『Karma』を。最近、ドリーム・ドールやエイジャン・ドールなど、フィメールMC畑では「ドール」をMC名にくっ付けるのがトレンドの一つなのですが、その“ドール系”の中でもひときわ個性を放っているのがキューバン・ドールとも言えそう。

Cuban Doll『Karma』

 2017年にミックステープ『Aaliyah Keef』でセンセーショナルなデビューを果たした彼女ですが、ポップな可愛さと際どさをミックスさせたスタイルが得意です。本作ではマネーバッグ・ヨー、そしてシングル「Bitch From Da Souf」がYouTube上でバズっている女性ラッパーのムラットー、そしてヒットメイカーとして知られるタイ・ダラー・サインらが参加。舌ったらずのキューバン・ドールのフロウはまだまだ改良の余地あり、とも感じさせられますが、その荒削りさが逆にスリリングにも聴こえるから不思議です。

Cuban Doll “Pussy Worth” (WSHH Exclusive – Official Music Video)

 お次は、少し変わったバックグラウンドを持つフィメールMCをご紹介。

ラジャ・クマリ『BLOODLINE』

 西海岸生まれのラジャ・クマリは、インドの血を引く女性アーティストで、長年アメリカのポップスシーンでヒット曲のソングライティングを行なってきました。グウェン・ステファニーからFall Out Boy、そしてFifth Harmonyらの楽曲制作に携わってきた彼女、自身のルーツとも言えるインドを訪れたこと、そしてインド音楽のプロデューサーであるA・R・ラフマーンとの出会いが、ラッパーとしてキャリアを拡げていくきっかけになったそうです。彼女が得意とするのは、インド音楽のテイストを盛り込んだヒップホップサウンド。自ら、ボリウッドをもじって”Bollyhood”と定義しているようです。彼女のMV「I Did It」を観ると、その魅力が伝わることでしょう。そのラジャ・クマリが2019年2月にリリースしたEP『BLOODLINE』は、リードシングルにもなった「SHOOK」を始め、インドのカルチャーとヒップホップを掛け合わせた斬新な楽曲が並びます。これまで、アジア系の女性がアメリカのヒップホップシーンで注目されることはほぼ皆無と言ってもいい状態だったように思いますが、韓国系のオークワフィーナの躍進だったり、このラジャ・クマリの活躍と挑戦だったり、時代は少しずつ変わっているのかな、と感じます。乱暴に括れば、私もヒップホップカルチャーを愛するアジア系女性であることには間違いありませんので、ラジャ・クマリの今後の活躍が心から楽しみです。

Raja Kumari – I Did It

      

「サウィーティー、キューバン・ドール、リル・キム……活発な動きを見せるフィメールMCたち」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版