新しい地図と『星ドラ』の共通点 応援ソング「星のファンファーレ」から紐解く

新しい地図と『星ドラ』の共通点 応援ソング「星のファンファーレ」から紐解く

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が歌う新曲「星のファンファーレ」。この曲は、3人がプロデューサーを務めるスマートフォンゲーム『星のドラゴンクエスト』(以下、『星ドラ』)の応援ソングとして生まれ、作詞作曲をSEKAI NO OWARIのNakajinが担当していることでも注目を集めている。

 そんな「星のファンファーレ」のフルバージョンは、5月25日に幕張メッセにて開催される、ドラゴンクエストの誕生日を祝う大型イベント『ドラクエの日プロデューサー“ギガ”ミーティング』までお預け。だが、サビ部分が使われた新TVCM『ギガ感謝祭応援ソング 勇者篇』が5月18日より全国でオンエアされ、現在はWebCMが公開中だ。スマホを持って登場する稲垣、草なぎ、香取。その影をよく見ると、武器を手にした勇者の姿になっている。

『星のドラゴンクエスト』TVCM ギガ感謝祭 応援ソング 勇者篇 15秒

 3人が毎月第1日曜日に7.2時間の生放送を行なっているレギュラー番組『ななにー』こと『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)では、『星ドラ』にまつわる最新情報が届けられており、4月7日放送回ではPV撮影の模様が一部が公開された。高さ3mもの巨大スライムが、カラフルに光る中で、スーツ姿の3人が佇む。振付は「#SINGING」に続いて東京ゲゲゲイのBOWが担当。ファンファーレの歌詞に合わせて、楽器を吹くような仕草がかわいらしい。

 「ピロっピロっピロっ」とオリジナリティあふれる掛け声と共に手を動かしながらステップを踏むのは、「毎日『星ドラ』やってますから」と、どっぷりハマっているという草なぎだ。インタビュー中も隙きあらばゲーム内に登場するワードを連呼しまくり。すっかり(いや、いつもどおり?)童心に返って楽しんでいるようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる