PerfumeとBLACKPINKが『コーチェラ』出演を果たした意義 両者のパフォーマンスを振り返る

 先月2週間に渡って開催された世界最高峰の音楽フェスティバル『コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2019(以下、コーチェラ2019)』に日韓のガールズグループが出演したことが話題になった。コーチェラは1999年から毎年アメリカ・カリフォルニアの砂漠地帯であるコーチェラ・ヴァレーにて行われている大規模の野外音楽フェスで、ロック、ヒップホップ、ポップ、EDMなどジャンルを問わず世界的なアーティストが揃うビッグイベントだ。今年もアリアナ・グランデ、チャイルディッシュ・ガンビーノ、Tame Impalaなどの大物アーティストたちが集まった。その象徴的なステージにPerfumeとBLACKPINKがそれぞれ日韓の女性グループとして初出演を果たしたのだ。

Perfume『Future Pop』

 14日と21日のステージに登場したPerfumeは、日本でも独特な存在感を放つグループだ。テクノサウンドをベースにした音楽性やキレのある特徴的なダンス、音楽をビジュアライズしたようなステージ演出とパフォーマンス、そのどれもがPerfumeしか見せることのできない魅力ばかり。しかし彼女たちが初めから今の立ち位置にいたのかと言うとそうではない。2000年当時、まだ小学生だった彼女たちは自らグループを結成して広島のローカルアイドルとして活動を始め、2002年にインディーズでデビューした。ところが今のPerfumeが誕生したのは彼女たちがさらなる成功を求めて上京し、2003年にプロデューサーの中田ヤスタカと出会ってからだ。中田ヤスタカはPerfumeに新たな音楽性とコンセプトを与え、一般的な女性グループとは違った独自性を追求し、2005年にメジャーデビューを果たした。2007年には「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」などがヒット。しかし彼女たちはここでさらに高みを目指す。2012年にユニバーサルミュージック・ジャパンに移籍して海外進出に挑んだのだ。その後はアジアやヨーロッパでツアーをするなど活発に海外活動を増やし、2014年には待望のアメリカデビューを果たした。今年も北米ツアーなど海外活動に集中している。そのようなチャレンジが重なり、今回『コーチェラ2019』に出演するという快挙を成し遂げたのだ。

[SPOT] 「Perfume WORLD TOUR 3rd」Blu-ray & DVD

 一方、12日と19日に『コーチェラ2019』のステージに上がったBLACKPINKは、恐ろしい勢いでK-POPガールズグループのグローバル記録を塗り替えているチームだ。多くのK-POPスターを誕生させたYGエンターテインメントから2016年にデビューした彼女たちは、“可愛い(PINK)が、それだけではない格好良さ(BLACK)もある”という意味を持ったグループ名にふさわしい“ガールクラッシュ(同性である女性が憧れるような格好いい女性の魅力)”をコンセプトにし、デビューして間もなく韓国トップクラスのアイドルになった。さらに最先端のヒップホップやエレクトロニックのサウンドを取り入れた音楽、歌とラップ、ダンスをひとつに合わせたK-POP的なパフォーマンスが世界中で注目されてグローバルにブレイク。1stミニアルバム『SQUARE UP』は世界44カ国でiTunesアルバムチャート1位を獲得し、リードトラック「DDU-DU DDU-DU」は韓国の女性グループとしては初めて米ビルボードのソングチャート「Hot100」にランクインした。今年リリースした「Kill This Love」は自らの記録を更新して41位を獲得。去年10月にはユニバーサルミュージックグループ傘下の<インタースコープ・レコード>と契約し、本格的な海外進出を発表。現在北米ツアーを敢行しており、続いてヨーロッパツアーも予定されている。グローバル活動に集中するK-POPアイドルとして、今回の『コーチェラ2019』への出演は重要なチャンスだっただろう。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!