>  >  > IZ*ONEらK-POPグループ新作の勢い

IZ*ONE、BLACKPINK、TWICE……注目のK-POPガールズグループが新作で打ち出した旬の勢い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 春の爽やかな風に誘われるようにK-POPガールズグループのトップ3が次々と新作をリリースした。いずれも彼女たちの自信に満ちた姿を感じ取れるナンバーが数多く収められおり、充実した内容に仕上がっている。発売順に各作品の聴きどころを紹介していこう。

IZ*ONE『HEART*IZ』(2019年4月1日リリース)

IZ*ONE『HEART*IZ』

 グループにとって2枚目となるミニアルバム『HEART*IZ』。前作の大ヒットの余韻が残る中で発表した本作は、オープニングを飾るアフロハウスの「ひまわり」や、ディープハウスの「Highlight」など、どの曲もしっかり作り込まれていて統一感があるのが印象的だ。

 今回のアルバムが果たすべき最大の目的は、センチメンタルなダンスポップ「La Vie en Rose」のヒットに続いて、同じカラーを持つリードトラック「Violeta」でグループのイメージ=エレガントな女性像を定着させることであろう。その狙い通りに「Violeta」は各種チャートのトップに輝き、テレビの音楽番組で7冠を手に入れた。これは12人のメンバーおよび制作サイドの並々ならぬ努力の結果に他ならない。楽曲のクオリティの高さはもちろんのこと、スタイリッシュな映像制作で定評のあるチーム・Digipedi(デジペディ)を起用したMV、そして「Violeta」のMVの再生回数2500万回突破を記念して公開した動画で見せるダンスのキレの良さなど、どれもパーフェクトな仕上がりだ。

IZ*ONE (아이즈원) – 비올레타 (Violeta) MV

 次回はこのような隙のないサウンドを踏襲するのか、それとも思いっきり違った路線へシフトするのだろうか。期間限定グループゆえに守りに入らず、どんどん攻めていってほしいと思う。

BLACKPINK 『KILL THIS LOVE』(2019年4月5日リリース)

 衝撃度という点においては3組中、この作品がダントツかもしれない。K-POPファンからは2NE1の後継者に見られがちな彼女たち。そんなレッテルを自らはがして“オンリーワンの存在になる”という強い意志が感じられるナンバーが並ぶ。

 中でもアルバムのラストに置いた2018年の大ヒット曲「DDU-DU DDU-DU」のリミックスバージョンは特にテンションが高い。エレクトロニカな要素を加えても本来の魅力が損なわれないのは、オリジナル曲そのものの出来ばえが良いからであろう。先日、彼女たちはアメリカの大型フェスティバル『コーチェラ・フェスティバル 2019』のステージに立った。「DDU-DU DDU-DU」で登場したときの凛とした佇まいに多くの観客が魅了されたに違いない。このときはハードロック風のバンド演奏だったが、野外ステージで盛り上がるにはぴったりのアレンジであった。

 とはいえ、本作の主役は「Kill This Love」だ。ホーンの勇ましい響きをはじめ、セクシー&ワイルドなボーカル、マーチングとトラップを組み合わせたトラック、「ラッパ、パッパパッパパッ」というフレーズの高揚感など、どの要素も強力である。ちなみにこの曲は「Billboard 200」で初登場24位。K-POPのガールズグループとしては最高の成績を収め、世界進出への大きな一歩となった。

BLACKPINK – ‘Kill This Love’ M/V

      

「IZ*ONE、BLACKPINK、TWICE……注目のK-POPガールズグループが新作で打ち出した旬の勢い」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版