>  >  > 富田鈴花は日向坂46の名バイプレイヤー?

日向坂46の名バイプレイヤー 富田鈴花が持つマルチな能力 バラエティ力の高さを軸に考える

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月から『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)、そして『全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!』(日本テレビ系)の2本の冠番組で、視聴者に笑顔を届けている日向坂46。その中でも、グループの名バイプレイヤーとしてバラエティ力を発揮しているのが、富田鈴花である。

日向坂46『キュン』(通常盤)

 最近の富田と言えば、パリピキャラを押しつつも、本当は真面目なのに無理をしているという迷走キャラで愛されている。そして今、彼女のネガティブな部分が絶賛イジられ中だ。バラエティでは特攻隊長のごとく積極的に動き、玉砕することも多々あった。しかし、迷走キャラが定着したことで、成功/失敗どちらに転んでもネタになるという最大の武器を手に入れた。かつての『欅って、書けない?』(テレビ東京/以下、『けやかけ』)における欅坂46の織田奈那のように、いつ話題が振られても何かしら返すというバラエティ能力の高さが重宝されている。

 昔からアイドル好きだった富田。欅坂の1stアニバーサーリーライブで「不協和音」を観て、同じ世代の子たちが一つになって夢を追いかける姿に感動していたところ、けやき坂46(現・日向坂46/以下、ひらがなけやき)追加メンバー募集のオーディションが発表された瞬間を目にし、これは運命だと応募したという。彼女もまた日向坂の運命に導かれし者の一人だ。

 『けやかけ』に初登場した際に「バラエティ班としても活躍したい」と自己紹介し、パリピキャラとして自作のラップを披露するも、その一生懸命な姿勢がむしろ真面目さを際立たせていた。『FLASHスペシャル グラビアBEST』(2018年4月5日増刊号)で、富田について『けやかけ』番組MCの土田晃之は「努力家の一言。ラップも相当練習しているし、真面目だなと。将来、大化けするのではないかと思います」と絶賛。同じくMCの澤部佑(ハライチ)もまた「失敗しても、しっかりと反省して次に生かしてくる。気持ちが真っ直ぐなコですね」と解説し、その才能を見抜いていた。

      

「日向坂46の名バイプレイヤー 富田鈴花が持つマルチな能力 バラエティ力の高さを軸に考える」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版