HIROOMI TOSAKA、満月からスーパームーンへ 野心作『SUPERMOON』の先鋭的サウンド

HIROOMI TOSAKA、満月からスーパームーンへ 野心作『SUPERMOON』の先鋭的サウンド

 満月からスーパームーンへ。2018年のアルバム『FULL MOON』に続き、HIROOMI TOSAKA(登坂広臣)がシングル『SUPERMOON』を届けてくれた。

HIROOMI TOSAKA『SUPERMOON』

 『FULL MOON』では、ヒップホップからキャッチアップした最新のトレンドをサウンドに落としこんでいた登坂広臣。そうした姿勢は『SUPERMOON』でより尖鋭的になっている。

 タイトル曲「SUPERMOON」は、『FULL MOON』にも参加していた音楽プロデューサーのSUNNY BOYとHIROOMI TOSAKAが作曲したもの。繊細な響きのイントロで幕を開け、HIROOMI TOSAKAが静かに歌いだすと、瞬く間にサウンドは熱を帯びていく。楽曲の開始からビルドアップまでは、わずか約1分。怒涛のような展開だ。

 その盛りあがりはEDMマナーであるものの、ビルドアップの先に待っているのは大胆なダブステップのリズム。ビルドアップからはトラップも鳴り響く。コーラスワークはオートチューンが施されたボーカルによるものだ。

 静謐さとビルドアップとダブステップが渦を巻くかのようなサウンド。情報量が多いのに、楽曲自体は4分に満たない簡潔さもHIROOMI TOSAKAらしい。

 そして、HIROOMI TOSAKAのボーカルの持つ色気とサウンドは絶妙なブレンドを感じさせる。これだけ客観的に自身をプロデュースできるのも彼の才能だろう。

 カップリングの「BLUE SAPPHIRE」は、トライバルなリズムを導入したサウンド。アコースティックギターの弦の響きが哀愁を生みだしているのも見逃せない。アコースティックギターのスパニッシュな香りに、HIROOMI TOSAKAのボーカルもまた情熱的だ。そして、こうしたサウンドでもしっかりとビルドアップで熱を上げていく。生音とエレクトロニックなサウンドのバランスも絶妙だ。

HIROOMI TOSAKA / BLUE SAPPHIRE (MUSIC VIDEO) 劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』主題歌

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる