>  >  > RAD野田、提供曲から感じる歌い手への愛情

Aimer、さユり、清原果耶……野田洋次郎、提供曲から感じる歌い手への“愛情とリスペクト”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 山田孝之がプロデューサーを務める映画『デイアンドナイト』の主題歌、女優・清原果耶が役名の大野奈々名義で歌う「気まぐれ雲」の作詞作曲・プロデュースをRADWIMPSの野田洋次郎が担当している。これまでもAimerや酸欠少女さユりといった女性アーティストを中心に楽曲提供をしてきた野田だが、バンドと異なる魅力はどんな部分にあるのだろうか?

大野奈々『気まぐれ雲』

 昨年12月に発表されたRADWIMPSの最新作『ANTI ANTI GENERATION』は、メンバーの休養、野田のソロ活動、映画『君の名は。』のサントラ制作などを経て、バンドから音楽集団へと進化したRADWIMPSの現在地が克明に刻まれた作品であり、「ミクスチャー」という言葉を再定義するかのように、ジャンルレスなアレンジ/サウンドプロデュースが印象的であった。しかし、野田の提供曲の多くはシンプルなピアノの弾き語りが基調となっていて、何よりソングライティングそのものが魅力だと言っていいように思う。

 近年の野田は“自分のメロディを自分以外の声の人に歌ってもらうのが楽しくて仕方がない”とも語っていて、『ANTI ANTI GENERATION』に収録されていた「そっけない」も、もともと女性シンガーに歌ってもらうことを想定していたという。

泣き出しそうだよ feat あいみょん RADWIMPS MV

 結果的に、あの曲は野田自身が歌うことになったものの、同じくアルバムに収録の「泣き出しそうだよ」にはゲストボーカルとしてあいみょんを迎え、野田とのデュエットを披露。あいみょんの歌声が持つブラックなフィーリングを引き出す楽曲は、野田のプロデュースセンスを感じさせるものでもあった。野田が唯一楽曲提供をしている男性アーティストがハナレグミだというのも、野田が「記名性の高い歌声」を欲していることを象徴していると言えよう。

      

「Aimer、さユり、清原果耶……野田洋次郎、提供曲から感じる歌い手への“愛情とリスペクト”」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版