FANTASTICSが語る、EXILEツアー帯同の裏側とグループの成長 「歓声や熱気は忘れられない」

FANTASTICSが語る、EXILEツアー帯同の裏側とグループの成長 「歓声や熱気は忘れられない」

八木「ATSUSHIさんやTAKAHIROさんにもアドバイスをいただきました」

――帯同したEXILEのツアー『STAR OF WISH』についても教えてください。FANTASTICSとして初めてのドームのステージはどうでしたか?

澤本:普通ではありえないような貴重な経験をさせていただきました。自分たちのパフォーマンスを映像で見返しつつお互いにアドバイスをしあったりして、一公演一公演レベルアップできるように頑張ってきました。EXILEのメンバーである世界さん、大樹くんに早く追いつきたいという気持ちも、もちろんありました。ステージを一番遠い客席から見たりして、大きい会場で自分たちがどんな風に見えているのかというイメージのつかみ方を勉強できたのも良かったです。

堀:最初から最後までずっと緊張しながら完走したのは、正直初めてでした。EXPGの生徒時代にアーティストの方々のツアーに同行させてもらったこともありましたけど、ここまで意識を高く緊張感を保てたかというとそうじゃなかったと思います。先輩方の顔に泥を塗るわけにはいかないですし、EXILEを観にきている方々の前でパフォーマンスするということで、どのライブもホームでありながらアウェーでもありました。このツアーを経験して、ステージへの取り組み方も変わってきたと思います。

木村:ツアーを観に来られた方々にも“初日と千秋楽のパフォーマンスが全然違ってすごくよくなった”と言っていただいたんですが、僕たち自身もグループとしての成長を実感したツアーでした。

瀬口:(堀)夏喜が言ったように僕らはスクール生時代にもドームには立っているんですが、アーティストとしてあのステージに立てるということがすごく光栄でした。個人的にはツアー中に、(黒木)啓司さんから毎公演のパフォーマンスに関する細かいアドバイスをいただけたのが印象的で。これまであまり会話をする機会がなかったんですが「自分に似ているダンスをしてるなと思って興味を持った」と言っていただいて、嬉しかったです。

――ボーカルのお二人は「Turn Back Time feat. FANTASTICS」でのコラボもありました。

八木:最初にツアーの話を聞いたときは正直、自分がドームのステージで歌えるのか不安でした。リハーサル段階でもEXILEのみなさんとの熱量の差みたいなものを感じていたんですけど、人を喜ばせるために一生懸命ステージを作っていく過程から見せていただいて、最終的には同じ気持ちでゴールできたように思います。ATSUSHIさんやTAKAHIROさんにもたくさん歌に関してアドバイスをいただきました。

中島:大好きなEXILEのみなさんと共演できるツアーということで、やっぱりすごく緊張しました。僕たちは初めてレコーディングした曲がATSUSHIさんやTAKAHIROさんと一緒に歌わせていただいた「Turn Back Time feat. FANTASTICS」で、楽曲自体にも思い出がたくさんあります。このツアーでは、リハでATSUISHIさんやSHOKICHIさんがライブだけのアレンジに取り組んでいく様子など、日本のトップレベルのパフォーマンスを裏側から見せていただけたことがすごくいい経験になりました。

――世界さん、大樹さんは初めて両グループのメンバーとしてツアーに参加しています。

世界:EXILEとFANTASTICSのどちらも全力でパフォーマンスに取り組むというところは変わらないんですけど、この2グループではいろんな部分で次元が違うので、切り替えが大変でした。FANTASTICSとしては自分たちの等身大を表現していますけど、EXILEの場合は自分たちの過去や未来、歴史など、大きなテーマを全員で抱えているようなイメージがあります。本番では先輩方が作った温かい空気感の中で、僕たちがその胸を借りる形で「OVER DRIVE」をパフォーマンスさせていただきました。メンバーも初日はものすごく緊張してましたけど、千秋楽のときには垢抜けたなと感じましたし、大樹も僕も、その場を楽しむ余裕ができたと思います。

佐藤:EXILEとFANTASTICSではまったく別物でした。僕はツアーでは毎公演めちゃくちゃ緊張するほうなのですが、「OVER DRIVE」ではメンバーの人数が少ない分、MAXに緊張していて(笑)。FANTASTICSは僕らが0から1にしたグループで、このメンツでいきなりドームのステージに立つということにも、武者震いしていました。ツアーの初日に京セラドームで僕たちのメジャーデビューを発表したんですけど、そのときのお客さんの歓声や熱気は忘れられない出来事です。

――今後の糧になるような経験だったのではないかと思います。ここから先のみなさんの活動にそれがどう反映されるのかも楽しみです。

佐藤:現状で発表されているイベント出演以外は、リリースもライブもまだ正式には決まっていないことが多いです。でも、今年中に何らかの形で新曲は発表すると思います。

世界:ワンマンライブも早めにやりたいと思ってはいますけど、あせらずに着実に歩みを進めて、FANTASTICSとしての完成されたエンタテインメントを見せたいです。その暁には誰もやったことがないようなステージにしたいと思っています。

(取材・文=古知屋ジュン/写真=林直幸)

■リリース情報
『Flying Fish』
4月3日(水)発売
CD+DVD:¥2,000(税込)
CDのみ:¥1,300(税込)

<CD収録曲>※2形態共通
M1.Flying Fish
M2.Believe in Love
M3.Can’t Give You Up
M4.Flying Fish(Instrumental)
M5.Believe in Love(Instrumental)
M6.Can’t Give You Up(Instrumental)
(Special Bonus Track)
OVER DRIVE(English Version)

<DVD収録内容>※CD+DVDのみ
Flying FishMV

■関連リンク
FANTASTICS 公式HP

サイン入り色紙プレゼント

FANTASTICSのサイン入り色紙を1名様にプレゼント。応募要項は以下の通り。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<締切:4月17日(水)>

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる