東京メトロ新CMソングにDAOKO×小林武史「ドラマ」 DAOKOのCM出演も

 東京メトロの新CMソングが、DAOKO×小林武史「ドラマ」に決定した。

 東京メトロでは、2019年度もイメージキャラクターに石原さとみを起用し、東京の魅力を伝える「Find my Tokyo.」シリーズを展開。CMソングも引き続き小林武史がプロデュースする。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 新CMは、2019年3月29日10時より特設サイトにて先行公開、4月1日よりメトロ駅構内・ 車内ディスプレイにて順次公開される。2019年度のCMは、毎回ゲストを迎え、石原とゲストがオススメのスポットを教え合いながら知らなかった街の魅力を体験する。第1弾となる「北千住_明日へのチャージ」篇では、たんぽぽの川村エミコとともに北千住を巡る。なお、蔵をリノベーションしたカフェ「喫茶 蔵」で石原と川村が一息つくシーンには、DAOKO本人も登場している。

YouTube 60秒タイプ

小林武史 コメント

今回の曲は、当初「ポップ感」と「アート感」という二軸で、 化学反応がどう起こるのかを
イメージしていました。二軸というと「小林武史」と「 DAOKO」の共作であること、
もうひとつ「地上」と「地下」というイメージも喚起しました。
DAOKOさんと制作をするのは二度目ですが、 彼女のモノローグ的アクトにより深みが
出てきた感じがしています。 演劇的な要素が強い作品に仕上がったと思います。

DAOKO コメント

Photographer : 瀧本幹也

地下鉄のトンネルから抜けた時の光をことばとうたで表現しました。小林さんのつくりだす胸が恋しくなるメロディは、たくさんの人が行き交う地下鉄の駅のホームや車内で、いったい自分が誰なのか問いかけてくるようです。

Find my Tokyo.特設サイト
DAOKO公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる