>  >  > DA PUMPら新しいフェーズに入ったアーティスト

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.140

DA PUMP、西川貴教、石崎ひゅーい、細野晴臣、TK……新たなフェーズに入ったアーティストの新作

関連タグ
DA PUMP
石崎ひゅーい
細野晴臣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 爆発的な再ブレイクを果たしたDA PUMPのニューシングル、本人名義によるプロジェクトをスタートさせた西川貴教の1stアルバムなど、新しいフェーズに入ったアーティストの新作を紹介。キャリアを重ねるなかで起きる刺激的な変化、そこで生まれる新たな表現の発露を実感してほしい。

DA PUMP『桜』(CD+DVD)

 「U.S.A.」の記録的大ヒットに続き、ベストアルバム『THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP』がオリコン週間アルバムチャート2位を獲得、さらに16年ぶりに『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)への出場を果たすなど、日本のポップス史上、類を見ないほどのカムバックを体現したDA PUMP。新たな勝負の年となる2019年の第1弾シングルの表題曲「桜」は、全盛期の彼らの雰囲気(たとえば「if…」)、「U.S.A.」に共通するユーロビートリバイバル系のダサかっこいいトラック、さらに和テイストのメロディを加えたミディアムチューン。いろんな要素をテンコ盛りにしたナンバーだが、決して散漫な印象はなく、ISSAの質の高いボーカルによって、新しくて懐かしい桜ソングとして成立している。

DA PUMP / 桜 MV+SPOT

西川貴教『SINGularity』(通常盤)

 西川貴教名義のソロ活動が本格スタートというニュースを聞いたときは、「その手があったか」という驚きがあったが、じつはこのプロジェクト、数年前から水面下で進行していたという。その基本となるテーマは、ボーカリスト・西川貴教の新たな可能性を模索すること。布袋寅泰、澤野弘之、Fear,and Loathing in Las Vegas、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)など幅広いジャンルのクリエイターが参加した新アルバム『SINGularity』を聴けば、どんな曲でも自分のモノにする強烈な個性、そして、「こんな曲も歌えるのか?!」という驚異的な表現力の広さ。作詞家、作曲家の「こんな歌を歌わせてみたい」という創作意欲を駆り立てる彼のボーカリゼーションはここから、さらに大きな飛躍を遂げることになりそうだ。

西川貴教 『UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)』Music Video(Short Ver.)

石崎ひゅーい『ゴールデンエイジ』(通常盤)

 生々しさを増したバンドのアンサンブル(ベースがデカめのミックスがカッコいい)とともに〈ひらひら舞って星屑になれ/あなたはどこにいるの?〉と恋人を想う女性の姿をエモーショナルに歌い上げた「あなたはどこにいるの」、切れ味のいいギターフレーズ、ファンキーなグルーヴをしっかり捉えながら、男女のセクシーなやりとりを映し出す「SEXY」、菅田将暉に提供した楽曲をさらに性急なサウンドに変貌させた「さよならエレジー」などを収めた石崎ひゅーいのミニアルバム『ゴールデンエイジ』。フォーク、歌謡のエッセンスを色濃く残した音作り、聴き手の感情に愚直に訴えかけるような歌詞を軸にした石崎ひゅーいの音楽は、ここにきて確実に求心力を上げている。あいみょん、菅田将暉との交流も注目を集めている彼だが、本格的なブレイクはすぐそこまで迫っている。

石崎ひゅーい 『あなたはどこにいるの』

      

「DA PUMP、西川貴教、石崎ひゅーい、細野晴臣、TK……新たなフェーズに入ったアーティストの新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版