>  >  > 駒形友梨が持つ歌声の強さと変幻自在さ

駒形友梨が持つ歌声の強さと変幻自在さ “これまでの集大成”提示した初のソロライブを見て

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 声優/アーティストの駒形友梨が行なったライブ『Komagata Yuri 1st Live ~starting in the 〔CORE〕~』は、初めてのソロライブにして、彼女の持つ歌声の強さ、変幻自在さが存分に発揮された公演だった。

 駒形はこれまでも『キラキラ☆プリキュアアラモード』『アイドルマスターミリオンライブ!』や、Sound Horizonのボーカルなど、声優としても歌手としても歌唱し、舞台にも立ってきたが、ソロで自身の名義のワンマンライブは今回が初めて。とはいえ、大きな舞台を経験したことからか、ステージ上ではそんな初々しさをいい意味で感じさせないパフォーマンスの数々が繰り広げられた。

 開演時間になり、ステージが暗転したあと、1stミニアルバム『〔CORE〕』のオープニングを飾る「starting in the haze」の静かな音色が流れ出す。ゆっくりとステージが青いライトに包み込まれ、同作のジャケット撮影時にも使用した“〔 〕”のセットをバックに駒形が登場し、ウィスパーボイスで緩やかに歌い始め、力強いサビへと変化していく。1stライブとは思えないほど、堂々とした立ち振る舞いに驚かされた。

 ここから疾走感のあるピアノロック「メイズ」へ続くのは『〔CORE〕』と同じ流れ。この2曲はともに矢野達也が手がけており、駒形もインタビューで「作品全体のプロローグ的な位置付けで、『この作品はどんな感じになるんだろう?』と期待して聴いている人を一気にこの作品の世界観に引き込むような感じ」(引用:駒形友梨が明かす、歌声のルーツ 「“核”はやっぱりキャラソンやアニソン」)と話していたが、まさに観客をライブの世界観にグッと引きずりこむのにうってつけの流れで、早くも彼女の術中にハマってしまった。3曲目「Lonely Blueが終わる頃には」とそれに続く「ソノヒ」は、ともに歌謡曲を下敷きにしたアプローチの曲ではあるものの、前者はファンク、後者はラテンと参照しているジャンルは異なる。駒形はそんな2曲をそれぞれのテイストに応じて艶っぽく、キレよく歌いこなしてみせた。

 4曲が終わり、ステージ上では何かを設置しながらのMCコーナーがスタート。「昼より夜の方がみなさん元気! 最初はチケットが売れなかったらイスを出そうって話してたのに売り切れということで、ありがとうございます! 2時間立ちっぱなしで大丈夫ですか? 普段運動しないでしょ?」と感謝を述べながら得意の“毒舌”も冴え渡る。設置した女性エリアに嬉しそうに手を振るなど、先ほどまでのシリアスな一面とは正反対のギャップを見せてくれた。駒形が「アコースティックアレンジをやろうと思います! 学生のころはフォークソング部に入ってたんですよ」と前置きすると、崎谷勇人(Per)と髙藤大樹(Key)がステージに登場。デビュー曲である「トマレのススメ」、同作カップリングの「はじめからきっと」をそれぞれアコースティックバージョンで披露した。

      

「駒形友梨が持つ歌声の強さと変幻自在さ “これまでの集大成”提示した初のソロライブを見て」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版