>  > 水瀬いのりが語る、表現への意欲

シングル『Wonder Caravan!』インタビュー

水瀬いのりが語る、表現への意欲と理想像 「器の大きな存在になりたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 声優・水瀬いのりが、2019年第1弾シングル『Wonder Caravan!』をリリース。明るく希望に向かって行進するような表題曲をはじめ、プラスの感情を持った楽曲が揃った1枚となっている。今回はそのリリースを前に、本作に至るまでの昨年の活動や彼女の音楽的嗜好も踏まえつつ、本作へ込めた想いについて語ってもらった。(須永兼次)

歌を歌う楽しさを感じられた 

ーーリアルサウンドに登場していただくのは初めてなので、まずは水瀬さんが普段接している音楽からお話をお聞きしたいしたいのですが。

水瀬いのり(以下、水瀬):基本的には自分の好きなものばかり聴いてしまうのであまり新しいサウンドに出会う機会がないんですけど、でも自分の好きな楽曲をどんどん聴いていくなかで、明確に自分の好きな曲調やフレーズみたいなものはどんどんわかってくるので、それを自分の曲でも試してみたくなりますね。

ーーそれはニューシングル『Wonder Caravan!』でも?

水瀬:はい。ちょっとファンタジーな世界観の楽曲ということで、自分の中では、SEKAI NO OWARIをイメージしていました。個人的にも好きなアーティストで、その好きな要素や楽器の音を取り入れたいな、と思いまして……。

ーー元々、お好きだったんですね。

水瀬:そうなんです。儚くて、夢の中の世界なのか現実なのかわからないファンタジックな世界を作り上げるのが素敵だなと思っていて。大太鼓や小太鼓がサウンドに使われていて、それが切なくなるようなタイミングで一斉に音量が大きくなる、というように感じていたので、イメージとしてはそういったものが頭の中にありました。

ーーさて、ここ最近の水瀬さんのアーティスト活動のトピックのひとつに、昨年夏の1stツアーがあると思います。全4公演のツアーのなかで、公演ごとの違いなども感じた部分はありましたか?

水瀬:特に初日は初めてのツアースタートということもあって、ほかの公演とはまた違う緊張感がありました。でも逆に2~3公演目はその経験があるからこそ、「もっとこうしたいな」とか「みんなにもっと委ねてみよう」みたいに、いろんなことを試して挑戦することができて、ファイナルの幕張でその集大成をお見せできたと思うんです。だから、きっとどの公演が欠けても最後の幕張のステージはなかったんだなって思います。

ーーそこでの生の反応を感じられると、ツアー後のレコーディングはそれまでとは少し感覚が変わった部分もあるのでは?

水瀬:はい。ツアーを回らせていただくなかで、純粋に歌を歌う楽しさをすごく感じられたんです。しかも「この場にしかないものを、ちゃんと表現したい」といったかけがえのないものが、各公演にありまして。そういった気持ちをツアーを通じて得られたので、「同じものを2回繰り返すっていうことは、ないのかもしれない」というぐらい、一球入魂するようになりました。

ーー具体的には、どのように変わったんでしょうか?

水瀬:たとえばちょっと歌詞を間違えちゃったり音程が届かなくても、「このテイクは、この気持ちでずっと走りたい」って止めずに続けたいなという想いが生まれまして。それは「きれい」とか「美しい」だけじゃない良さというものが、もしかしたらあるのかな? って気づいたからだと思うんです。声や表情だけじゃない、内側からあふれ出るものがもっと歌に乗ったら、もっともっと素敵な歌になるんじゃないかな、ってすごく思ったんです。

ーーそんな経験を経てリリースされるのが今回のニューシングルですが、1枚を通してポジティブな感情の曲が揃った印象があります。

水瀬:そうですね。特に意図してやったわけではなかったんですけど、3曲並べると本当に明るいメッセージの込められた曲たちになったなぁと思って。それぞれ走る速度や目指す距離はバラバラな曲たちなんですけど、スタートラインに立って走り出すという点が、共通しているかなと思ってます。

ーーそのうち表題曲は、TVアニメ『えんどろ~!』のEDテーマになっています。この作品自体へは、どのような印象をお持ちですか?

水瀬:『えんどろ~!』自体はファンタジー作品なんですけど、冒険だけにスポットを当てるわけではなくて冒険から帰ってきたあとの日常も描いているので、4人の主人公をはじめとするかわいいキャラクターたちの成長を、ゆるゆるっと観ていただける作品だと思います。

ーー水瀬さんもメイ役で出演もしていますが、演じるなかで楽曲と作品とのリンクをより感じる部分もありましたか?

水瀬:メイは普段は物静かですけど、自分の好きなものに特化してテンションの上がるようなオタク気質なところが光る女の子なんです。でもこの4人でいる時は、本当に彼女も心を許してリラックスしているので、サビの〈僕らが目指した世界なんだ〉っていうフレーズで、そんな個性も喋り方もテンポ感もバラバラな4人が、ちゃんと手をつないで同じ方向を向いている姿が思い浮かぶ曲なんです。

ーー楽曲自体は、初めて聴いたときどんな感想を持ちました?

水瀬:イントロからもう、今までの私の楽曲にはないものだなぁと思いました。しかもちょっとマーチっぽい小太鼓や笛の音が鳴っていたりと、自分の楽曲で今まで使ってこなかった楽器たちも入っていて、おひさまが昇ってきて新しい1日が始まったようなわくわくするような気持ちにもなる、はじまりをたくさん感じる1曲だなぁと思いました。

ーーそれを受けて、どう歌でアプローチしようと考えましたか?

水瀬:明るく前を向いた曲なので、常にみんなを引っ張っていけるようなパーティーのリーダーになったような気持ちで、キャラバンという同じ旗のもとに集まったみんなを引っ張っていけるような無償の愛や大きな希望といったものを意識しました。あと、言葉一つひとつを耳に届けられるようしっかり意味をもたせるようなイメージで、口角を上げることを意識しながら明るい音色を目指しました。

ーー今までにないような部分もありながら、そこにストリングスも顔を出す点は、水瀬さんの楽曲らしいなと感じました。

水瀬:それと、サビがすごく開ける感じも自分の今まで歌ってきた楽曲の個性のひとつなのかなと思っているんですけど……実は当初は、サビがもう1パターン作られていまして。そちらはコード感はあまり今と変わらないんですけど、メロディが高いところまで上がりきらない、もう少し大人しい構成のものだったんです。そちらもすごく素敵だったんですけど、今みなさんに聴いていただいているサビのほうが自分の気持ちも乗せやすいなと思って、こちらを選びました。

ーーしかも、大サビの最後にAメロが転調して帰ってくるので、最後の最後まで飽きずに楽しみ尽くせる感じもしますね。

水瀬:そうですね。大サビで終わったかなと思いきや転調した部分がまた戻ってくるっていうのは、「まだまだページは続くんだなぁ」と感じさせてくれるポイントになったのかな? と思って。私も歌っていて、すごく気持ちが高ぶるポイントです。

ーーそしてこの曲では、MVも撮影されています。

水瀬:今回はちょっとジャケ写の雰囲気にも近い映像作品になりました。今までのMVにないどこか童話のようなメルヘンチックな世界観になっていて、動物たちの首にかかったネックレスに私が電球をくるくるとつけて、一匹一匹に光を届けていくんです。希望や元気などが、輝きとなって灯っていくというストーリーになっています。

ーーここでも温かさがキーになっているように思うのですが。

水瀬:そうですね。最後に向けてどんどんスケールも大きくなって光の量も増えていきますし、いろんな人と出会って温かい映像として進化していくので、ぜひラストまで観ていただきたいです。

水瀬いのり「Wonder Caravan!」MUSIC VIDEO

      

「水瀬いのりが語る、表現への意欲と理想像 「器の大きな存在になりたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版