>  >  > 「プリレジェ」PREMIUM LIVE SHOWレポ

THE RAMPAGE 川村壱馬×劇団EXILE 鈴木伸之のコラボも 『プリレジェ』ライブでも王子大渋滞

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『PRINCE OF LEGEND』PREMIUM LIVE SHOW開演!」

 VERBAL(m-flo)が叫ぶと、横浜アリーナを埋め尽くしたファンたちによる黄色い歓声がいっせいに巻き起こる。あまりの歓声に驚いていると、続けざまに画面に大写しになったセレブ王子・朱雀奏こと片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、「行くよ、僕のプリンセス」と言ってウインク。会場はあっという間に劇場版『PRINCE OF LEGEND』のワンシーンのように、集まった女性ファンたちの熱狂で包まれた。

 2月14日に開催された『劇場版「PRINCE OF LEGEND」完成披露上映&PREMIUM LIVE SHOW』は、この日、日本で一番ホットなバレンタインデーイベントになったのではないだろうか。そう思わせるに十分なほど、ゴージャスで胸キュンに満ちたライブだった。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 m-floの紹介の後、トップバッターを飾ったのはTeam 奏。片寄涼太はm-floのLISAと、懐かしさを感じさせるGI ORANGEのカバー曲「PSYCHIC MAGIC」をデュエット。会場をロマンチックなムードに包んだかと思うと、そこに生徒会長王子・綾小路葵ことGENERATIONSの佐野玲於が登場し、得意のクランプダンスを力強く踊る。さらに小森隼が現れて高速フットワークを披露し、関口メンディー、白濱亜嵐、中務裕太もそれぞれ得意なダンスで加わっていく。そして、衣装を着替えた片寄涼太と、相棒の数原龍友が登場し、GENERATIONSとして新曲「G-ENERGY」と代表曲「AGEHA」を全員でパフォーマンス。会場を一気にパワフルなムードに染めていく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 LISAと理事長・実相寺光彦こと加藤諒の寸劇でひと笑いを起こした後は、m-floが本作のヒロインである成瀬果音(白石聖)のテーマ曲「99 Red Balloons」を披露し、いよいよ“彼氏にしてはいけない”Team 3Bの面々(清原翔・遠藤史也・こだまたいち)が登場。m-floの「Always on My Mind」に合わせて、作中通りのキザなパフォーマンスを披露し、アダルトな雰囲気を撒き散らした。

 Team生徒会、Team先生のパフォーマンスの後は、THE RAMPAGEのメンバーを中心に結成されたTeam ネクストが登場。ダンス王子レッド・天堂光輝こと吉野北人は、Kajagoogooのカバー「Too Shy」で甘い歌声を響かせて、観客たちを魅了した。

      

「THE RAMPAGE 川村壱馬×劇団EXILE 鈴木伸之のコラボも 『プリレジェ』ライブでも王子大渋滞」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版