>  > kolmeが語る、音楽的探求心

『Hello kolme』インタビュー

kolmeの音楽的探求心が生む、固定概念に捉われない作品「3人のグルーヴ感を忘れずにいたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「固定概念を砕けるグループでありたい」

ーー今回のアルバムにも様々なタイプの楽曲が入っていますし、また皆さんの音楽の好みも結構違うわけですが、この先kolmeとして取り組んでいきたいサウンドの方向性は見えているんですか?

RUUMI:これは……3人で意見が分かれそうだよね(笑)。

MIMORI:この後もご飯食べながら制作会議をする予定なんですけど、私としてはさっきも少し話した「ダンスが映えるビート」にもっとこだわりたいです。

KOUMI:今の気分だと、電子音がうまく使われてる音の方が好きなので、生音の中にそういうテイストをどうやっていれられるかなというのが気になってます。

RUUNA:今回のアルバムだと「Say good bye」は私たちにとって新しいアプローチだったんですけど、初期の宇多田ヒカルさんみたいなこういう感じもいいなと思っています。どんなスタイルでも、「かっこいい音楽」をいつまでもやっていきたいです。

ーー「かっこいい音楽をやっていきたい」、あと「かわいらしいものを素敵だと思えるようになった」、それからKehlaniの話とかもそうでしたが、今回のインタビューを通して皆さんが考える「女性らしさ」みたいな視点の話がいくつかあったように思います。kolmeの活動を通じて表現したい「女性らしさ」という切り口でイメージできることがあれば教えてください。

RUUNA:いつまでも凛としていたいですね。そうやって活動を続けていく中で、女の人に憧れてもらえるようなグループになりたいです。歌詞も曲も、着飾らずに自然体の自分たちで作っているので、そういう部分が伝わったらいいなと思っています。

KOUMI:私たちはもともと都会っ子じゃないので(笑)、女の子が地方から出てきてもがんばれば色んなことができるんだよっていう姿勢で勇気を与えられるような存在になりたいです。

MIMORI:音楽を長く続けたい、この3人のグルーヴ感を忘れずにずっと保っていたいという気持ちが本当に強いんですけど、「女性ならではの音楽への乗り方」みたいなものがあるんじゃないかと思っているので、活動を通してそういう部分の深みを増していきたいですね。

RUUNA:3人で音楽をやっているのが純粋に楽しいよね。

KOUMI:うん。

MIMORI:「マイナスからのスタートだよ」って言われながらも、覚悟を決めて3人で音楽をやるために上京してきました。

RUUNA:kolmeを始めたときには、やっぱり前のグループからのイメージもあって、ライブをやっても客席との温度差をすごく感じたりもしたんです。そういう状況でも、「自分たちの好きな音楽を作って、それを胸を張ってやっていこう!」という話を3人でよく話していました。その気持ちは今もこれからも変わらないです。

ーー前のグループの話もありましたが、日本では女性のパフォーマンスグループが息の長い活動を続けるという前例がまだあまりないですし、「若いこと」自体が評価されがちな側面もありますよね。

KOUMI:そうですね。kolmeは「20代の女の子が集まったらこういう感じ」というような固定概念を砕けるグループでありたいと思います。グループのメンバーであると同時にひとりの女性でもあって、今回のアルバムでは今まで以上に自分の実体験をもとに歌詞にしています。これからもいろんな経験をして、それを自分たちの音楽に反映させていきたいです。

RUUNA:特に私とKOUMIは歌詞にリアルな感情を書くことが多いですし、この先歳を重ねるごとに考え方が変わっていくのが表現にも出てくると思います。そういう変化を自分たちでも楽しみたいし、同世代の女性にも同じように感じてもらえたら嬉しいです。いつか誰かが結婚したとしてもこの3人で音楽をやる楽しい場所を続けていきたいし、もし踊るのがしんどくなってきたら踊らなくてもよくて(笑)、また違うスタイルを探せばいい。最近は「音楽は何歳になってもできるものなんだ」って感じることが多くて、将来のことを考えるととてもわくわくします。

MIMORI:kolmeのチーム、それから聴いていただいている皆さんと長く一緒に音楽を楽しみたいって本当に思っているし、音楽が大好きっていう気持ちは3人とも同じなので、ずっとこの3人で続けていけたらいいなって心から思います。kolmeのアルバムには「私たちの好きな音楽はこれです」っていうのが素直に出ているので、その「好き」を共有できる人とひとりでも多く出会えたら嬉しいですね。

(取材・文=レジー/写真=三橋優美子)

■リリース情報
『Hello kolme』
発売中
形態:3形態

<CD収録曲>
1 The liar
2 Tie me down
3 Hello No Buddy
4 Why not me
5 You don’t know me
6 Only for now [新曲]
7 Today’s [新曲]
8 Interlude [新曲]
9 No need to rush [新曲]
10 Say good bye [新曲]
11 One time
12 My everything [新曲]

<形態>
【Type-A CD+DVD】
価格:¥5,000(税込)

<DVD収録内容>
・The liar、Tie me down、Why not me -Music Video-
・kolme OFFSHOT MOVIE -Japan ver.-収録
※初回封入特典:撮り下ろしミニ生写真(全4種のうち1枚をランダム封入)

【Type-B CD+DVD】
価格:¥5,000(税込)

<DVD収録内容>
・The liar、Tie me down、Why not me -Music Video-
・kolme OFFSHOT MOVIE -France ver.-収録
※初回封入特典:撮り下ろしミニ生写真(全4種のうち1枚をランダム封入)

【Type-C CD】
価格:¥2,700(税込)
※初回封入特典:撮り下ろしミニ生写真(全4種のうち1枚をラン ダム封入)
Amazon
tower records

■ツアー情報
『kolme Live Tour 2019』
3月2日(土) 岡山IMAGE
3月3日(日) 福岡Early Believers
3月16日(土) 名古屋 RADHALL
3月17日(日) 大阪 阿倍野ROCKTOWN
3月23日(土) 仙台 MACANA
3月30日(土) 東京 WWWX
※岡山・福岡は対バン有り
※東京、大阪、名古屋、仙台は単独公演

■関連リンク
Instagram
Twitter 
Facebook
OFFICIAL WEBSITE

kolmeのサインチェキをプレゼント

■応募方法
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選で1名様にプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド公式Twitter

<応募締め切り>
2月18日(月)まで

「kolmeの音楽的探求心が生む、固定概念に捉われない作品「3人のグルーヴ感を忘れずにいたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版