>  >  > JP THE WAVYら、日韓ラッパーコラボが活発化

JP THE WAVYからKOHH、SKY-HI、SALUまで 日韓ラッパーのコラボが活発化

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月11日、JP THE WAVYが韓国のラッパー・Sik-Kを客演に迎えた新曲「Just A Lil Bit」のミュージックビデオを公開した。普段はトラップビートの多いJP THE WAVYが、今回はSik-Kのスタイルに寄せたメロウチューンでこれまでとはまた違った味わいを見せている。まさにお互いの国で旬の位置づけにいるラッパー同士のコラボということで、ヒップホップファンの間ではすでに話題の的だ。

JP THE WAVY – Just A Lil Bit Feat. Sik-K(Official Music Video)

 トラックを手掛けたのは日本人プロデューサーのJIGG。Sik-Kお得意のメロディアスなシンギングラップが心地いいメロウチューンに仕上がっており、初めはてっきりSik-Kサイドのプロデューサーが作ったのかと思ったほどだ。しかし全面的に韓国サイドに寄せているかというと、そういうわけでもない。日本語の発音とリズムに合ったメロディラインが引かれ、何よりもSik-Kが日本語ラップを披露している。バイリンガルラッパーであるかのように日本語と韓国語を行ったり来たりする手法は斬新だ。両者のスタイルや言語をうまくミックスさせたトラックからは、お互いに対するリスペクトが伝わってくる。

JP THE WAVY『WAVY TAPE』

 自身を“ネオギャル男”と称するJP THE WAVYは、“踊れるラッパー”としても知られている。2017年に「Cho Wavy De Gomenne」がバイラルヒットして一躍有名になった。SALUをフィーチャーした同曲のリミックスは、YouTubeでの再生回数が930万回に到達(2019年1月21日現在)。一方、Sik-Kもまた、出す曲ごとに膨大な再生回数を稼ぎ出す人気ラッパーだ。昨年アメリカ進出を果たしたJay Park率いる<H1GHR Music Records>に所属し、アメリカのメインストリームに追従した甘美なビートとシンギングラップ、そしてセクシーなルックスを武器に多くの女性ファンを魅了している。

 実はこの「Just A Lil Bit」は2年前に完成していたそうだが、そうは思えないほど新鮮に響く。両国で大きな注目を集める新鋭同士のコラボレーションだけに、これからまだまだ幅広いリスナー層に広がっていくことが期待できる。

 ところでここ数年、日韓ヒップホップアーティストによるコラボがかなり活発になっていることはご存知だろうか。その最も象徴的となる曲といえば、2015年元日にリリースされた「It G Ma」で間違いないだろう。日本からKOHHとLoota、韓国からKeith Ape(キース・エイプ)、Okasian(オケイション)、JayAllDay(ジェイ・オールデイ)が参加した同トラックは、ミュージックビデオがアメリカを中心に大ブレイク。これをきっかけにKeith Apeは活動拠点をアメリカに移し、以降ワールドワイドに活躍している。

Keith Ape – 잊지마 (It G Ma) (feat. JayAllDay, Loota, Okasian & Kohh) [Official Video]

 同年にはJay Park(パク・ジェボム)率いるもうひとつのレーベル<AOMG>に所属するUgly Duck、そして「It G Ma」の公開元となった<Hi-Lite Records>に所属するReddyが「ASIA」という曲でJJJと共演した。さらにその翌年にはKOHHとOkasianがコラボ第2弾として「Save Time」を発表。KOHHはこのほかにも韓国人プロデューサーとのコラボや来韓ライブなど韓国での活動を展開している。その甲斐あって韓国のヒップホップファンにおけるKOHHの注目度は、今や日本のそれよりも高いのではないかと思えるほどだ。ちなみにLootaも今月、「It G Ma」以来4年ぶりに日韓コラボ曲を発表した。mojomossomenという韓国人ラッパーのトラック「MIDDLEMAN」でフィーチャリングされている。

mojomossomen – MIDDLEMAN feat. Loota (Official Music Video)

      

「JP THE WAVYからKOHH、SKY-HI、SALUまで 日韓ラッパーのコラボが活発化」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版