あいみょん、2019年も期待大 あらゆる世代から支持される理由を3つのポイントから探る

曲など

 フォークやバンドサウンドがメインのJ-POP。

 音楽好きの間でどっと火が付いた「愛を伝えたいだとか」はややファンク寄り、「貴方解剖純愛歌 ~死ね~」は、MONGOL800を彷彿とさせるちょっとパンクなテイストと、様々な曲調がある。TV等で公言しているように、父親からの影響で浜田省吾などのフォークや、小沢健二と小山田圭吾によるフリッパーズギターなど、往年の音楽から影響を受けているようだ。

 このバックボーンの話をきくと、インディーズ時代にリリースしたミニアルバム『憎まれっ子世に憚る』に収録されている「ほろ酔い」は、吉田拓郎などのフォークシンガーを彷彿とさせる昭和の香りが漂うのも納得だ。

 しかし、マイナー調の曲はほとんどない。暗くなりすぎないようにきちんと整えられている。そのため、歌詞の過激さはそこまで強く感じず、「ポップさ」のほうが強く感じるので、聴く人を選ばない。彼女のもつ低めのキーと芯を感じさせる独特の声で、歌詞をまっすぐに届かせるために、邪魔にならない絶妙なラインで曲がつけられているように感じる。

スタンス

 とにかく元気! という感じでも、アイドル的なかわいい! という感じでも、圧倒的なカリスマ性を感じるわけでもない。肩の力がぬけていて、ひょうひょうとしていて、純粋にかっこいい。近年、日本にはいないタイプの若いシンガーソングライターだ。個人的には、最終的にパティ・スミスのようなスタンスの女性になっていくのではないかと密かに思っている。ファッション誌で取り上げられることも多く、様々な分野で活躍している。

 あいみょんは他アーティストへ歌詞や楽曲の提供もしており、ジャニーズWESTやDISH//、新しい学校のリーダーズなど、アイドルやダンスユニットへの楽曲提供も行っている。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』では、吉岡里帆が演じるシンガーソングライターが歌う曲を提供していた。普段のあいみょんとはまた違ったテイストの曲が楽しめるので、興味がある方はぜひ一度聴いてみてほしい。

 またFM802「FM802 × TSUTAYA ACCESS!」のキャンペーンソングとして、クリープハイプの尾崎世界観が作詞作曲した「栞」を歌う「Radio Bestsellers」のメンバーの一員として、片岡健太(sumika)、GEN(04 Limited Sazabys)、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、スガ シカオと一緒に参加したり、最近リリースされたRADWIPMPSの曲「泣き出しそうだよ feat あいみょん」に客演として呼ばれるなど、日本のロックシーンに足を置くミュージシャンからの信頼も厚い。今後、こういったフィーチャリング曲も増えていくだろう。

尾崎世界観作詞・作曲FM802「栞」MV フルver.(FM802 × TSUTAYA ACCESS! キャンペーンソング)
泣き出しそうだよ feat あいみょん RADWIMPS MV

 平成が終わるタイミングを経て、2020年の東京オリンピックという一つの節目を迎えるとき、あいみょんはどんなスタンスで、どんな曲を世に送り出してくれるのだろうか。今からとても楽しみである。

■pohiko
91年生まれ。ブロガー。音楽とは関係のない仕事をしているOL。
Tumblr

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる