>  > The Gangoose、バンドの醍醐味

The Gangoose『CRYBABY』インタビュー

渡辺大知×ハマ・オカモト×キョウスケ×岡山健二が語る、“瞬間を生きる”バンド活動の醍醐味

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す、いわゆる “タタキ”稼業で生計を立てる3人の友情を描いた人気漫画『ギャングース』が、高杉真宙×加藤諒×渡辺大知のトリプル主演で映画化された。

CRYBABY / The Gangoose 映画「ギャングース」主題歌

 主題歌「CRYBABY」を歌うのは、この映画のためだけに結成されたバンドThe Gangoose。タケオ役の渡辺大知(黒猫チェルシー)による作詞作曲で、バンドメンバーはハマ・オカモト(Ba:OKAMOTO’S)、キョウスケ(Gt:爆弾ジョニー)、そして岡山健二(Dr:classicus/ex.andymori)という豪華なメンツ。さらにコーラスではサイケ役の高杉とカズキ役の加藤諒も参加し、まるで物語と現実がごっちゃになったような、不思議な感覚を見るものに与える。The ClashやThe Libertinesあたりを彷彿とさせるような、疾走感溢れるパンクサウンドも必聴だ。

 そこで今回、The Gangooseのメンバー4人に集まってもらい、映画についてはもちろんレコーディングのエピソードなどを、ざっくばらんに話してもらった。(黒田隆憲)【最終ページに読者プレゼントあり】

渡辺「音楽シーンで戦ってきた同志を集めた」

ーーまずは渡辺さん、映画『ギャングース』の主役の1人に抜擢された心境はいかがでしたか?

渡辺大知(以下、渡辺):漫画原作の映画に出るのは、これが初めてで。まずは原作を読ませてもらったのですが、とにかく作品の持つエネルギーに圧倒されましたね。ぜひ参加させていただきたいと思いましたし、実をいうと脚本を読んだ段階で、思いが湧き上がって頼まれてもいないのに1曲作ってしまったんですよ(笑)。そのくらい、この作品に「共鳴」するものがあったというか。

ーーそうだったんですか。

渡辺:登場人物3人の、日々を生きることに必死な姿がキラキラして見えたというか。あまり泥臭く描かれていなくて、清々しさすら感じるところも、何か自分の中で響くものがあって。あと、なぜ監督が自分をタケオ役に抜擢してくれたのか、その理由が分かってからはより真摯に向き合いたいと思いました。

ーーその理由というのは?

渡辺:タケオって、見た目は自分と全く違うんですけど、カズキ(加藤諒)とサイケ(高杉真宙)にとって必要不可欠な存在なんです。3人とも個性的で「我」が強いんですけど、特にカズキとサイケは危ういバランスで、2人だけだと関係性が崩れてしまいそうなんですね。そこで、2人の緩衝材になっているのがタケオの「優しさ」なのかなと。常に相手の気持ちを思いやりながら行動するところとか、自分なら上手く演じられるんじゃないかって。その部分で納得出来たので、後は外見をどう寄せていくか考えました。

ーー他の皆さんは、すでに映画をご覧になっているのですか?

キョウスケ:僕はすでに4回くらい観ています。主題歌をやることになって、(渡辺)大知くんから簡単なデモテープが送られてきたんですけど、そこからギターで色付けしていく際に、映画の世界観とかをちゃんと把握しておいた方がいいんじゃないかと思って。大知くんからも「キョウスケは観ておいた方がいいかもね」と言われて、まだ音をつける前のラッシュを見せてもらったんです。で、改めて彼の演技力に驚かされましたね。「演技で人はこんなに変わるのか」と。

渡辺:映画の感想を言うのかと思ったら、普通に褒められて泣きそうになりました(笑)。(岡山)健二さんも、試写で見てくださったんですよね?

岡山健二(以下、岡山):面白かったです。特に「河原のシーン」が良かったですね。そこで改めて「大知くん役者なんだな」って思った。

渡辺:あの長いシーンね、僕は一言しか喋ってないけど(笑)。

ハマ・オカモト(以下、ハマ):つまりその一言に、重みがあるんだよ。

岡山:ジャン゠ピエール・メルヴィルという、フィルム・ノワール系の映画に少し似ている部分を感じたな。

ーー渡辺さんの他にも、MIYAVIさんや金子ノブアキさんらミュージシャンが印象的な役どころを演じていますよね?

渡辺:MIYAVIさんは、現場入ってきたときからすでに役が憑依していて(笑)。現場でまず挨拶をしに行ったんですけど、めっちゃ怖かったですね。でも、クランクアップしたらキャストやスタッフみんなに音源を配っていました。素顔のMIYAVIさんに戻って、「これ、新しく出るやつなんで」って(笑)。チャーミングな人でしたね。金子ノブアキさんは、以前から「映画の現場で会いたいね」って言ってもらってたんですけど、今回ようやく念願叶って共演することができたんですよ。現場で初めて会った時は、あの素敵な笑顔で「待ってたよ」って言ってもらえました(笑)。

Arrow
Arrow
渡辺大知
ArrowArrow
Slider

ーー映画の主題歌をバンドで演奏することになった経緯は?

渡辺:撮影が全て終わった段階で、監督からオファーがありました。さっきも話したように、その前からインスパイアされた楽曲を勝手に作っていたくらいなので(笑)、喜んでお引き受けしたんですが、今回の映画は3人が主人公ということもあるし、僕だけが歌う楽曲というのは何か気持ち悪さがあって。どんな形であれ、僕と高杉くん、加藤さんの3人の声を入れたいと思ったんですよね。

 確か、オファーをいただいた時点では黒猫(チェルシー)を活動休止にするという話はまだ監督にしていなくて。(主題歌は)黒猫へのオファーだったと思うんですが、もし3人でボーカルを取るのであれば、いずれにしても黒猫がサポートメンバーみたいに参加するのは少し違うのかなと。それだったら、今回限りの、この映画のためにバンド結成という方が面白いんじゃないかっていう。

ーーじゃあ、このバンドも渡辺さんのアイデアだったんですね。

渡辺:まずは高杉さんと加藤さんにご快諾いただいて、そこからバンドメンバーを考えました。まず自分が個人的にリスペクトしているミュージシャンで、なおかつ自分がデビューした時から一緒にこの音楽シーンで戦ってきた同志と組めたら最高だなって思ったんですよ。それでお願いしたのが、ここにいる方たち。みなさんから1発OKをいただきました。

ハマ:あははは。そりゃ1発でしょう。何度かゴネられてとかだったらイヤじゃないですか(笑)。

「渡辺大知×ハマ・オカモト×キョウスケ×岡山健二が語る、“瞬間を生きる”バンド活動の醍醐味」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版