>  >  > 中居正広ら『紅白』司会ジャニーズ

中居正広、V6 井ノ原快彦、嵐……『NHK紅白歌合戦』歴代司会ジャニーズを振り返る

関連タグ
V6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年末の恒例番組、『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)。出演アーティストの話題も少しずつ耳に入ってくる時期になり、先日司会者の発表があった。総合司会は2年連続の内村光良、紅組は来年4月スタートの連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)のヒロインを演じる広瀬すず。そして白組が嵐・櫻井翔だ。白組司会は、ジャニーズメンバーが務めることが恒例となりつつある。そこで、これまで同番組の白組司会を務めたジャニーズメンバーを振り返ってみよう。

中居正広

 1997年以降、ジャニーズ内最多となる6度の司会を務めた中居正広。しかもうち1回は、紅組の司会を務めている。ジャニーズメンバーが紅白の司会を務めるレールを作ったと言っても良い中居は、紅白という大舞台でもトーク力を余すところなく発揮した。元NHKアナウンサー・有働由美子氏著『ウドウロク』(新潮社)などをはじめ、様々な場所で言われていることだが、『紅白歌合戦』は約4時間半の生放送。台本が数日前に突然変わったり、放送中にアドリブを求められることも少なくない。2014年1月8日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)でも、中居はその緊張感を語っていた。視力が悪くてカンペが見えない中居は、自分の分はもちろん相手の分の台本まで全て暗記。だが、時間が巻いたり、伸びたりすることはもちろん、スタッフ間の連携ミスで司会者に間違った指示が出たこともあったと言う。それを中居はとっさのアドリブで対応していたが、「紅白はやっぱり怖い」と語っていた。中居が初めて司会を務めたのは、25歳の時。今でこそ数々の番組で名司会ぶりを見せているが、彼がジャニーズ一の名司会者として地位を築いているのは、こうした厳しい現場を乗り越えてきたからなのかもしれない。

V6 井ノ原快彦

 2015年の白組司会を務め、高い評価を得ていたのがV6・井ノ原快彦だ。本番での見事な司会者ぶりはもちろん、彼の実力は発表記者会見の時から取り上げられている。2018年3月まで出演していた『あさイチ』(NHK総合)や二代目司会として活躍している『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)で磨かれたMC力を活かし、出演アーティストに話を振ったり、的確なフォローを入れたり……。彼を評価する記事も多々発表されていた。MCが本業ではないアイドルでありながら、井ノ原の場合はほとんどマイナス評価はない。というのも、“愛され力”が抜群だからではないだろうか。彼の愛され力が分かるのは、『あさイチ』内コーナー「プレミアムトーク」。様々なゲストに対してインタビューをするコーナーだが、井ノ原は鋭い質問を切り出しつつも嫌味が一切ない。例えば、2017年に先輩である木村拓哉が出演した時。度々言葉を濁す木村に対し、井ノ原はより深く突っ込んでインタビューしていく。きちんと目を見て話を聞き、的確な相づちを入れるなどの態度に誠実さが見え、視聴者に良い印象を与えているのである。こうして磨かれた司会力、愛され力、インタビュー力を余すところなく発揮し、紅白歌合戦の司会をまっとうした井ノ原。これまで司会を務めてきたメンバーの中でも好感度が高いのも納得だ。

      

「中居正広、V6 井ノ原快彦、嵐……『NHK紅白歌合戦』歴代司会ジャニーズを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版