>  >  > グラミー新人賞ルールの問題点とは?

グラミー最優秀新人賞は誰の手に? カーディ・Bらが除外されたルールの“問題点”とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第61回グラミー賞の最優秀新人賞は誰だろう? カーディ・B? ポスト・マローン?  XXXテンタシオン?  答えは、全員ノミネートすらされない可能性が高い。すでにみな「除外」と報道されているのだ。2018年にシングル1位を獲得した面々だったために驚きを呼んだが、理由はシンプル。主に2017年から施行された新ルールに引っかかったと推測されている。この規則により、カミラ・カベロにも「除外」の可能性が生じている。「最も定量化が困難な部門」と言われる新人賞のルールは、どんなものなのか。「除外」と報じられたアーティスト別に紹介する。

ノミネート歴:カーディ・B

 カーディの場合、理由は単純だ。AP Newsによると、カーディはノミネート経歴があるため除外された(第60回で「Bodak Yellow」が最優秀ラップ楽曲部門、最優秀ラップ・パフォーマンス部門にノミネート)。 新人賞部門には以下のルールがある。「グラミー賞のパフォーマンス部門ノミネート経験を持つ場合、このカテゴリーの資格を持たない。ノミネーションされたシングルでゲストスポットで、その時フルアルバムをリリースしていなかった場合を除いて」(参照:GRAMMY.com) AP Newsによると、カーディは2018年にも新人部門にエントリーし、落選した。候補となるならこの年だった。

楽曲数制限:XXXテンタシオン

 死後「SAD!」がナンバーワンヒットとなったテンタシオンは、まごうことなきブレイクスルーアーティストだ。彼の場合、暴行疑惑等も浮上していたため、グラミーが候補にするかは「コントラバーシャル」とされてきた。しかし、アワード側からすれば、元々「ノミネート資格」自体なかったようだ。推測要因とされるルールは、2017年度から適用された以下の制限。

新人部門ノミネートにおけるリリース数制限ルール

下限:5曲または1アルバム以上リリース
上限:30曲または3アルバム以上リリース
(アルバムの定義は5曲以上収録しているEPとする)
(参照:GRAMMY.com

 この制限が「ノミネート対象期間中の数」または「キャリア通しての数」のどちらなのかは議論がわかれているが……Pitchforkによると、テンタシオンが対象期間中にリリースしたトラックは24曲(2017年10月1日~2018年9月30日)。さらにフィーチャリングとして少なくとも7曲に参加しているため、ゲスト参加も計上される場合は30トラックを超える。制限が「キャリア通しての数」だった場合、ほかの有力候補も危うくなる。Billboardによると、カントリー歌手のケイン・ブラウンは、デビューアルバムに加え5曲以上収録した2つのEPをリリース済みだ(テンタシオンに関して、Pitchforkは後述する「ブレイクスルー時期」疑惑も挙げている)。

 このリリース制限は、現行の音楽シーンに見合っているのだろうか? ストリーミングの普及により、リリースされる楽曲数は増えている。Brockhamptonは1年で3作のアルバム、King Gizzard & The Lizard Wizardに至っては1年で5作のアルバムをリリースしたことがある。2017年には、クリス・ブラウンが2枚組45曲入りのアルバム『Heartbreak on a Full Moon』を出した。新人アーティストがブラウンと同じ曲数を収録したスタジオアルバムをリリースした場合、それが初リリースだろうと失格となる(参照:UPROXX)。

      

「グラミー最優秀新人賞は誰の手に? カーディ・Bらが除外されたルールの“問題点”とは」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版