>  >  > NMB48 山本彩卒業コンレポ

NMB48 山本彩は涙を見せずにステージを去ったーー輝かしい未来が見えた卒業コンサート

関連タグ
NMB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NMB48・山本彩の卒業コンサート『SAYAKA SONIC ~さやか、ささやか、さよなら、さやか~』が、10月27日に大阪・万博記念公園 東の広場にて開催された。

 万博記念公園のある吹田市の開催当日の天気予報は、1週間前から雨。野外会場ということもあり、山本本人を含めたNMB48メンバーはてるてる坊主をTwitterにアップし、晴れを祈っていた。その願いが天に届いたのか、当日の会場には秋晴れの青々とした空が広がり、山本の門出を祝う抜群のロケーションが整っていた。山本の卒業を見送ろうと会場に集まったファンは3万人。巨大なメインステージから縦に花道が続いており、後方を見渡すと、どこまでが客席ブロックなのか、一見では判断がつかないほど広大な会場だ。西日が差す、開演16時になると、山本は一人ブロック最後方にあるサブステージに現れ、花道をゆっくりと堂々とした姿で歩き、メインステージに向かっていく。彼女がアカペラで歌い出したのは「初めての星」。NMB48にとって初のオリジナル公演「ここにだって天使はいる」の楽曲で、山本のソロツアーでも披露されている彼女にとって大切な1曲だ。

 山本に続いて、1期生として同期の吉田朱里、白間美瑠がステージに登場し、徐々にメンバーが集結していく。開演オープニングに流れた山本の軌跡を振り返る映像で「アイドル不毛の地に舞い降りた星」と山本を例えていたが、これは「初めての星」とリンクする言葉であり、サビ終わりの〈でも あきらめなければ必ず/チャンスはあるってことさ〉という歌詞は、彼女がNMB48として活動してきた8年間で体現し、この万博記念公園の地で結実させたメッセージでもある。

 今回の卒業コンサートは、山本自身がプロデュースしており、コンサートタイトルもファンが名付けた山本彩の生誕祭の名称から借りたいと『SAYAKA SONIC』と名付けている。言うまでもないが、サブタイトルは彼女のキャッチフレーズ「さやか ささやか さわやか さやか」をアレンジしたものだ。セットリストも山本の選曲で、全体の構成からいくつかのブロックに分けて考えることができる。全てにおいて完璧な山本のパフォーマンス力と、山本が歩んできた歴史が、NMB48の歴史そのものでもあることを強く感じさせるセットリストだった。

 小学5年生からギターを始め、高校時代は軽音楽部に所属し、バンド活動もしていた山本。2012年に開催されたコンサート『大阪十番勝負』より、NMB48としてもギターの弾き語りを披露し始めた。2016年には、兼ねてより夢だったシンガーソングライターとしての活動を始動。亀田誠治をプロデューサーに迎え、自身も作詞/作曲を担当し、同年10月には1stアルバム『Rainbow』を、翌年10月には2ndアルバム『identity』を完成させた。

 今回の卒業コンサートでは、山本がソロとしてツアーを巡る際のバンド・チームSYがステージに登場。『大阪十番勝負』でも弾き語りで披露した、NMB48として初のソロ曲「ジャングルジム」を皮切りに生演奏でコンサートを展開。作曲を担当した「孤独ギター」からは、山本もエレキギターをかき鳴らしながら花道を歩いていく。たどり着いたサブステージでは、山本が直接振付を依頼した日下このみがバックダンサーとして花を添える。正規メンバーを従えての「HA!」では、山本がギターテクニックの一つであるグリッサンドを、間奏ではジャム演奏を見せつけ、大会場に歪んだバンドサウンドを轟かせた。

 5期生メンバーを中心としたカトレア組との「絶滅黒髪少女」、1期生、2期生との「RESET」、3期生、4期生との「約束よ」と、メンバーにバトンを繋いでいく流れとともに、印象的だったのが研究生とともに山本が参加した「夢は逃げない」だった。この曲は、山本彩プロデュース NMB48研究生公演「夢は逃げない」のために、山本が作曲を担当したものだ。秋元康が作詞した〈自分の方から諦めるな/夢は絶対逃げていかない〉からは、「初めての星」にも通ずるメッセージ性を感じさせる。そして何よりも山本のソロパート〈頑張れ!〉という一言、憧れの大先輩・山本の大きすぎる背中を研究生たちはきっと忘れないだろう。山本の魂が継承されていく、NMB48の未来が見えるパートだった。

 シンガーソングライターとしてギター演奏、歌唱力に長けた山本だが、AKB48グループを代表するダンスメンバーとしても活躍していた。この日は披露されなかった「Must be now」「僕以外の誰か」「欲望者」は、NMB48で山本がセンターを務めた屈指のダンスナンバーだ。しかし、山本が今回、それらの楽曲を抑えて選曲したのは、AKB48グループのダンス選抜としてセンターに選ばれた「野蛮な求愛」だった。日下や加藤夕夏、石田優美など、これまで山本とともにダンスナンバーで選抜に選ばれてきたメンバーが「野蛮な求愛」で、激しくダイナミックな踊りを披露した。この日、セットリスト36曲全てに山本は参加しており、「野蛮な求愛」はその中盤の21曲目だった。このタイミングで激しい楽曲を選曲したことも、見事に踊りきっていたことも、驚異的な持久力だと感じずにはいられない。山本はグループを卒業後もダンスを披露していきたいと、10月17日放送の『NMB48山本彩のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて話しており、ソロとしても彼女の華麗なダンスを見せてくれるはずだ。

 中盤以降、大きな山場となったのは卒業生が次々と登場したブロックだ。「俺らとは」では、1期生ユニット“俺ら”のメンバー小笠原茉由、三秋里歩、岸野里香、山口夕輝が、「プライオリティー」では百花がホスト・皇 輝音翔に扮して登場。山本もホスト・御狐神 棗に扮し、皇 輝音翔×三田麻央、御狐神 棗×太田夢莉の“百合劇場”が再び開幕された。それぞれのカップリングによるくちづけシーンでは、女性エリアから悲鳴にも似た黄色い歓声が上がった。さらに、「太宰治を読んだか?」では山田菜々が、「僕はいない」では渡辺美優紀が登場。ライバルであり、盟友の“さやみるきー”が2年ぶりにステージに揃い、間奏の2人が抱き合う場面が渡辺の卒業コンサート以来に披露された。あの時とは意味合いも違う、互いが少し照れくさそうなのも、2年の月日を感じさせた。

      

「NMB48 山本彩は涙を見せずにステージを去ったーー輝かしい未来が見えた卒業コンサート」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版