>  >  > KPOP×欧米アーティストコラボ増加の背景

BLACKPINK×デュア・リパ、BTS(防弾少年団) RM×ワーレイ……国境越えたコラボ増加の背景

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年最も成功した若手ソロシンガーの一人と言われるイギリスの女性アーティスト、デュア・リパが、現在最も欧米圏で注目を受けているKPOPガールズグループ・BLACKPINKとコラボレーションすることが発表された。10月19日リリース予定の新曲3曲を収録したスーパーデラックスエディションアルバムのうちの1曲、新曲「Kiss and Make Up」での共演とのことだ。デュア・リパは過去の韓国公演の際にコンサートに訪れたBLACKPINKのメンバー・ジェニとリサとの写真を公開して話題になっていた。

デュア・リパ『デュア・リパ』

 KPOPアーティストの楽曲に欧米の人気アーティストが参加することはさほど珍しいケースではない。古くはJYJのアルバムにカニエ・ウェストが参加したこともあり、最近ではBTSとスティーヴ・アオキやニッキー・ミナージュ、LOOΠAのユニット・yyxyとグライムスなどすでに過去に多くの例がある。今回のケースは欧米のアーティストの楽曲にKPOPのアーティストが参加、しかも既存曲のリミックスやバージョン違いではなく新曲という点が珍しい印象だ。今回のケースと同様に、海外アーティストの新曲にKPOPアーティストが参加している楽曲をいくつか紹介したい。

Skrillex – Dirty Vibe with Diplo, CL, & G-Dragon (OFFICIAL VIDEO)
Baauer – Temple ft. M.I.A., G-DRAGON

 過去にゲストアーティストとして最も多くの海外アーティストの楽曲に参加しているのはBIGBANGのG-DRAGONと元2NE1のCLだろう。G-DRAGONは自身の作品においても『KCON LA』のステージでRIAA(アメリカレコード協会)で認定されたプラチナアルバムを複数有する大物フィメールラッパーであるミッシー・エリオットをフィーチャリングしたり、「Heartbreaker」がアメリカの人気ラッパー・Flo Ridaの曲の盗作ではないかという疑惑が出た時は逆にFlo Ridaをフィーチャリングした同曲の別バージョンをリリースするなど、海外のラッパーと交流が深いようだ。数多くの海外アーティストとのコラボレーションをしているアーティストの中でも特にミュージシャンズミュージシャンのイメージが強いと言われている。

Diplo x CL x RiFF RAFF x OG Maco – Doctor Pepper (Official Music Video)

 一方CLは、2000年代EDMムーブメントにおいて世界的に最も重要なプロデューサーの一人と言われるディプロの楽曲に多く参加している。韓国の『SIA(スタイルアイコンアワード)』でもコラボレーションステージを披露しており、一時はディプロのレーベルからアメリカデビューするのではないかという噂もあったほどだ。ちなみにG-DRAGONとCLがダブルでフィーチャリングされた「Dirty Vibe」はブロステップの生みの親であり数々のアワードを受賞してきた人気DJ ・スクリレックスとディプロの共作だが、スクリレックスはKPOPガールズグループ・4minuteの楽曲「Hate」をプロデュースした経験もあり、やはりKPOPとは遠からぬ関係がある。

      

「BLACKPINK×デュア・リパ、BTS(防弾少年団) RM×ワーレイ……国境越えたコラボ増加の背景」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版