>  >  > セクゾ冠番組で団結力に磨き

Sexy Zone、冠番組で団結力に磨き 中島健人「5人でいることがこんなに楽しいと思わなかった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sexy Zoneの5人がさまざまな企画にチャレンジするバラエティ『Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?』(日本テレビ系)の第3弾が、8月13日に放送された。

 今回は、佐藤勝利とマリウス葉がナイツに教えを請い、笑点デビュー。900人の客前、後楽園ホールで漫才を披露した。中島健人と松島聡はカラテカ矢部太郎から学び、漫画家デビューを果たす。

 またSexy Zoneのコンサートのまとめ役である菊池風磨は、世界的ダンサーである黄帝心仙人に弟子入り。最終的には、Sexy Zoneの5人で体の関節や筋肉をバラバラに動かすアニメーションダンスを完成させるため、まずは菊池ひとりでテーマを決めることに。「デート」「スーパー」と思いつくだけ挙げていくも、「5人でどういう感じでやってくんだろうっていうのが、僕はちょっと想像つかないんですけど……」と“これ!”というアイディアが浮かばない様子。そこで、黄帝心仙人が「トイレに行ったりとか、お風呂に入ってシャワー浴びたりとか、無意識の方が考えついたりするんだよね」とアドバイスを送ると、菊池は早速シャワーを浴びながらアイデアが降りてくることを待つことに。30分後、ついにアイデアが「降りてきた!」と叫ぶ菊池。5人のパフォーマンスのテーマは“夜のおもちゃ箱”に決定した。そのまま菊池は黄帝心仙人らと共に、深夜までパフォーマンス作りに励んだ。

 翌日、何も知らないメンバーをスタジオに呼び出し、唐突に「今回、みなさんにはあることに挑戦してもらいます! アニメーションダンスです」と発表する菊池。それを聞いた4人は、笑いながら「えっ? みなさんで? いやいやいやいや無理だよ~……」(中島)「僕たちも?」(マリウス)と口にし、驚きを隠せない。その姿を見た菊池は「僕が言ってるんじゃないです。……日本テレビの人が言ってます」と小声で訴えた。

      

「Sexy Zone、冠番組で団結力に磨き 中島健人「5人でいることがこんなに楽しいと思わなかった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版