>  >  > ミスチル「HANABI」が放つ“希望の光”

Mr.Children「HANABI」と『コード・ブルー』、10年経った今もなお放ち続ける“希望の光”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月27日より、映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』がスタート。Mr.Children「HANABI」が、テレビシリーズから引き続き主題歌に起用されている。

Mr.Children『HANABI』

 『コード・ブルー』と「HANABI」は、切っても切れない密接な関係にある。先日放送された『2018 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)では、『コード・ブルー』出演陣が「思い出の夏うた」を1曲ずつ挙げていき、新垣結衣は「HANABI」を選曲。1stシーズンがスタートしたのが、ちょうど10年前の夏だったと振り返り、「たくさんのシリーズを経て、変わらずに『コード・ブルー』の大事な要素として寄り添ってくれている、とても大切な曲」とコメント。主演の山下智久も「10年前に聴いた『HANABI』と、今聴いた『HANABI』がまた微妙に違うんですけど、その年代でスッと入ってくる。時代を超えるテーマソング」と出演する一人ひとりにとっても大切な曲であることを話していた。

 2008年の1stシーズン、2010年の2ndシーズン、2017年の3rdシーズン、今年の劇場版と10年間に渡り「HANABI」は、テーマソングとしてドラマを彩ってきた。「innocent world」「Tomorrow never knows」「名もなき詩」「終わりなき旅」など、数多くの代表曲を持つミスチルにとっても、この10年で「HANABI」はそれらに並ぶ名曲として成長してきている。筆者は、昨年の3rdシーズン開始のタイミングでも「HANABI」について執筆し、2015年に開催した『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』での桜井和寿のMCから、楽曲で歌われているテーマに触れた(Mr.Children「HANABI」で歌われているテーマとは? 『REFLECTION』ツアーで語られた思い)。

 あれから1年が経ち、その間にもミスチルのライブへ何度か足を運んだ。昨年開催されたミスチルデビュー25周年を記念したツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』、エレファントカシマシ、スピッツ、ミスチルという“夢の”3マンとなった『30th ANNIVERSARY TOUR “THE FIGHTING MAN” SPECIAL ド・ド・ドーンと集結決定!!~夢の競演~』、6年ぶりのつま恋開催となった2日間『ap bank fes ’18』。どの公演にも共通していたのが、必ず「HANABI」が披露されていたということだ。

 ミスチルのデビュー日である5月10日、配信限定のベストアルバム2枚のリリースから始まった25周年イヤー。その『Thanksgiving 25』を冠したツアーは、まさにベストアルバムの延長線上のようなセットリストであり、25年目にバンドが音を鳴らす、歌えることの幸せを未来へと響かせようとするような公演だった。エレカシ、スピッツとの3マンでは、桜井がMCで「今年に入ってからのモチベーションはほぼこの日だった」と2018年初めてのライブへの高まった意気込みを語っている。『ap bank fes』では、かつて桜井がつま恋で歌うことを前提に制作した「彩り」をセットリストの軸にしており、これまでバンドアクトの1組として出演してきたミスチルが、つま恋と共に成長してきたことを物語るようなセットリストのように筆者は感じとった。中でも「HANABI」は、10年前の『ap bank fes’08』で初披露された楽曲でもあり、“原点回帰”をテーマにした今年の『ap bank fes』で歌われることは必然だったと思える。

Mr.Children「HANABI」 Tour2015 REFLECTION Live

      

「Mr.Children「HANABI」と『コード・ブルー』、10年経った今もなお放ち続ける“希望の光”」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版