>  >  > 東方神起が今「Road」を歌う意味

東方神起が今「Road」を歌う意味 楽曲に込められたメッセージを探る

関連タグ
東方神起
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 〈大切な人の目に映る僕を また誇れるように もう一度〉歌詞に込められたのは、これからもファンを魅了する存在でいようとする彼らの決意だ。今後も自らの限界を突破していく闘いの日々は続く。その大前提に、温かく見守ってくれる人への感謝がある。穏やかに笑える日々が何よりも、彼らが走り続けるエネルギーになっているのだというメッセージを伝えたかったのかもしれない。そんな風にとらえると、よりこの曲が愛しく聞こえてくる。

 MVのように一直線でなんの障壁もない人生はない。これまで東方神起が歩んできた険しい道のりを知っているファンであれば、なおさらだ。それでも彼らが目指すのは、まっすぐなエンターテインメントなのだろう。前を向き、ふたりで一緒に、笑顔を届けるためにどこまでも……。2018年下半期も全国ツアーが控えているふたり。願わくばこの先も続く、長い長い道中も彼らが笑って過ごせるように。きっと旅を楽しむ彼らが通った道の後には、多くの笑顔の花が咲き誇るに違いない。

(文=佐藤結衣)

      

「東方神起が今「Road」を歌う意味 楽曲に込められたメッセージを探る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版