>  >  > 『RIJF』“ハロプロ勢”の見どころ

アンジュルム、モーニング娘。’18ら『ROCK IN JAPAN FES』出演“ハロプロ勢”の見どころを考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 青山氏はさらに、モーニング娘。への期待を熱弁した。

「モーニング娘。は今のアイドル文化の基礎を作ってきたグループ。モーニング娘。’18も当然、その歴史の上で成り立っています。モーニング娘。といえば未だに『LOVEマシーン』の頃のお祭りっぽいコミカルなイメージが強く、テレビ番組でも『LOVEマシーン』をパフォーマンスすることが多いので、ファンの間では“LOVEマ保存会”と揶揄されることもあるほど(笑)。今はより高度なフォーメーションに取り組み、楽曲も流行を取り入れたEDMやダンスミューシックが多いのでギャップがあると思います。もちろんフェスのステージなので『LOVEマシーン』のような曲も必要だと思いますが、“今”の彼女たちをしっかりと伝えてほしい。それにはやはり、選曲が重要になってきますね。彼女たちは対外的なイベントはほぼ初めてなので、セットリストも未知数です。フェスだと曲数も限られてくるので、今のモーニング娘。を前面に打ち出すのか、今年で20周年なので歴史を踏まえて有名曲を織り交ぜたお祭り的なセットリストになるのかが気になります」

 昨年はSNS上に、アンジュルムのパフォーマンスを初めて目にした観客たちの、「かっこいい」「最高」という声が目立っていた。今年は“ハロプロ勢”がGRASS STAGEに立つ可能性もありそうだ。

(文=村上夏菜)

      

「アンジュルム、モーニング娘。’18ら『ROCK IN JAPAN FES』出演“ハロプロ勢”の見どころを考察」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版