>  >  > けやき坂46初ALはソロ曲に注目?

けやき坂46、1stアルバムはソロ曲に注目? 佐々木美玲、加藤史帆、齊藤京子の活躍を分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が、6月20日にリリースする1stアルバム『走り出す瞬間』の詳細を発表した。

『走り出す瞬間』(通常盤)

 発表直前に公式Twitterで「18」にちなんだ謎の動画がアップされたが、それは今回収録される新曲の数を指した数字だった。アルバムは3形態でリリースされ、既存の10曲は全タイプに、新曲は各タイプに振り分けられて収録。初回仕様限定盤Type AとType Bは計17曲、通常盤は計16曲が収められている。今作にはひらがなけやきの集大成という意味もあるが、それと同時に新たなスタートも予感させる内容。まさに彼女たちの“走り出す瞬間”を切り取った一枚と言えるだろう。

 今作は、ユニット曲や2期生の楽曲をはじめ、グループの新たな一面が散りばめられた作品となっている。その中でも、佐々木美玲「わずかな光」、加藤史帆「男友達だから」、齊藤京子「居心地悪く、大人になった」というメンバーのソロ曲も聴きどころのひとつ。

 ソロ曲を歌唱するこの3人は、最新シングル曲「イマニミテイロ」の最初のフレーズを歌唱するメンバーだ。佐々木美玲は、グループ結成当初からあまり目立つ様なメンバーではなかった印象がある。しかし、そんな彼女が武道館3Days公演で披露した「イマニミテイロ」でセンターを務める流れは、ひとつのサクセスストーリーを感じさせた。また、彼女はアルバムのリード曲「期待していない自分」でもセンターを担当しており、全員揃ったアルバムのアーティスト写真でもセンターポジションに立つなど、メンバーの中でも高い期待を受けていることが伺える。漢字欅の平手友梨奈のような強烈なインパクトではなく、着実に坂道を登った結果、センターを射止めた佐々木美玲。解禁されたMVでは、バレエを取り入れた躍動感のあるダンスを踊っており、背が高くシルエットが美しい彼女がひときわ輝いて見えた。

 齊藤京子は、ドラマ『Re:Mind』の主題歌「それでも歩いてる」でセンターを務めた経験を持つメンバーだ。齊藤の歌声の特徴は中森明菜を彷彿させる低音ボイス。「それでも歩いてる」のようなメッセージ性の強いフォークソングは彼女の歌声とも非常にマッチしており、リスナーに強い印象を残した。ソロ曲の詳細は明かされていないが、「居心地悪く、大人になった」というタイトルからは彼女に似合う80年代の歌謡曲の雰囲気も感じられる。単独の冠番組が放送されるなど、徐々に知名度を高めている齊藤。ソロ曲は彼女の歌手としての成長にも繋がる上、さらなる飛躍へのきっかけとなりそうだ。

      

「けやき坂46、1stアルバムはソロ曲に注目? 佐々木美玲、加藤史帆、齊藤京子の活躍を分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版