けやき坂46 齊藤京子、ラーメン大好きキャラで急浮上? 初冠番組への期待

 けやき坂46 齊藤京子の初冠番組『けやき坂46 ラーメン大好き!齊藤京子です』が、4月15日にテレビ朝日CS放送のテレ朝チャンネル1で放送される。

欅坂46『ガラスを割れ!』(初回限定盤Type-B)

 同番組の放送に先駆け、齊藤は『スカパー!TVガイドプレミアム』で単独表紙を担当。4月から『ひらがな推し』(テレビ東京・月曜深夜1時5分)と『KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?』(日本テレビ・火曜深夜1時29分)の2つの冠番組が始まるものの、一般には浸透しきれていないひらがなけやきメンバーが単独で1時間の冠番組を持つのは快挙と言えるだろう。

 齊藤京子と言えば、“ラーメン大好き・魅惑の低音ボイス・コミュニケーション能力が高い”、この3つのポイントでメンバーやファンから人気を博すメンバー。特に齊藤のラーメントークはバラエティ番組でも鉄板ネタとなっており、いつも視聴者を楽しませている。高校3年生の時、ラーメン二郎を食べたことがきっかけとなり、ラーメンに目覚めたという齊藤。2017年の年間ラーメン杯数(カップ麺・インスタト麺は除く)は78杯、本人的には少ないようだがインスタント麺を加えると100杯は確実に越えてるという。齊藤は有名なラーメン店からチェーン店や回転寿司のラーメンまで、自分が美味しいと思ったものを気取らずに紹介する。世間体や格式にこだわらないチョイスには好感が持てるし、意外性があるため「一度食べてみたいな」という興味が不思議と湧いてくるのだ。

 ブログではひらがなけやきメンバーとラーメンを食べに行く姿が多く見られ、サラリーマンで言う“飲みにケーション”のように、一つのコミュニケーションツールにもなっている。齊藤は、ひらがなけやきに限らず漢字欅メンバーにも積極的にコミュニケーションを取りにいく。齊藤が極度の人見知りである鈴本美愉と二人でディズニーランドに行った際は、漢字メンバーからも「極度の人見知りの鈴本を制覇したのはすごい!」と賞賛されていた。ブログもマメに更新し、『ひらがな推し』が発表されるとすぐにブログで『欅って書けない?』(テレビ東京)MCのハライチ・澤邊佑と土田晃之への感謝を綴るなど、常に相手を思って行動しているのが齊藤が広く愛される理由のひとつ。若干天然なところもあるので、ホストとしての番組の回し方も注目ポイントだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる