乃木坂46と生駒里奈は新たなステージへ 西廣智一が卒業コンサートに感じたこと

乃木坂46と生駒里奈は新たなステージへ 西廣智一が卒業コンサートに感じたこと

 ライブ後半に突入すると、ステージに3つの椅子が用意され、生駒と生田絵梨花、星野みなみの3人だけが登場する。「生生星(いくいほし)」という愛称で知られるこの3人は、デビューシングル「ぐるぐるカーテン」などでフロントを務めたメンバーであり、彼女たちはリラックスした表情で昔話に花を咲かせる。そして椅子に座ったまま「ここじゃないどこか」を歌唱し、続いて昨年夏のツアーでは3人揃うことが叶わなかった「満月が消えた」を、最初で最後の3人勢揃いでパフォーマンスしてみせた。その後、さらにほかのメンバーも加わり「あらかじめ語られるロマンス」「無口なライオン」と人気のナンバーを連発した。

 ここまでライブを通して観て、先の期生ごとパフォーマンス以外、生駒は常にステージに出ずっぱりであることに気づかされた。この日披露された楽曲は上記の2期生楽曲、3期生楽曲以外、すべて生駒が参加する、彼女にとって思い出深い楽曲ばかり。中には、年に一度のバースデーライブでしか聴けないような楽曲も含まれている。通常の全体ライブではアンダーメンバーによるブロックも用意されるが、今回に関してはそれすらない。ここにも、選抜やアンダーという枠組みを取り払い、「全員で乃木坂46」という生駒の強い思いが感じられるのではないだろうか……そう思ったのは、きっと筆者だけではないはずだ。

 ライブもいよいよ佳境へ。「指望遠鏡」「月の大きさ」といった懐かしいアニメタイアップ曲(前者は『マギ』エンディングテーマ、後者は『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ)を連発したあと、生駒へのサプライズとしてナルト役声優・竹内順子によるナルトからのメッセージと、『NARUTO -ナルト-』の作者・岸本斉史が描いたイラストをプレゼント。これには驚きを隠せない生駒は、「ここで泣くつもりじゃなかったのに〜。生きててよかったーっ!」と号泣しながら喜んでみせた。

 気を取り直して「ハウス!」でライブを再開させると、続く「君の名は希望」「悲しみの忘れ方」では生田のピアノ伴奏をバックにメンバー全員で歌唱。この日の「君の名は希望」では曲中に入る観客のコールもなく、“生駒里奈を含む編成での「君の名は希望」”をじっくり聴こう、見ようというファンの思いが伝わってきた。また、「悲しみの忘れ方」歌唱中には、桜井玲香の合図でスクリーンに生駒の父母からのメッセージが映し出され、生駒はこらえきれずに再び号泣した。

 曲を終え、「ズルイよ〜、ナルトとお父さんたちはズルイよ〜」と苦笑いをする生駒にとって、いよいよ最後の時間が近づく。白石麻衣が「生駒ちゃんの笑顔をたくさん見れるのが一番幸せ。このままの姿で頑張ってください」と語ると、西野七瀬は「生駒ちゃんが乃木坂の顔として7年間走り続けてくれて、生駒ちゃんの背中を見て自分ももっとこうしなきゃとか、乃木坂全体のことを考えるようになった」と感謝の言葉を伝える。堀は何度も泣き崩れそうになりながらも「仕事に対する真っすぐさ、メンバーに対する愛を生駒さんから教わったので、素敵な先輩がいたよということを胸に、乃木坂のメンバーとして頑張っていきたい」と決意を口にし、齋藤飛鳥は「前向きな卒業だとはわかっていたけど、それでも生駒ちゃんが『まだ乃木坂で活動したい』と思えるグループでいられなかったことが悔しかった」と本音を吐露。生田も涙ながらに「生駒ちゃんを見ていると自分の足りないところを知って『もっと頑張らなくちゃ』と思うし、逆に生駒ちゃんから声をかけてもらったときは『なんて良い仲間を持ったんだろう』と心から感じた」と話した。

 メンバーからの思いを受け止めたあと、生駒は「一言で片付けるとしたら、この人たちじゃなかったらここにはいない。団体行動が苦手な人(生駒)が『ぐるぐるカーテン』で、あの頃一緒に頑張ってこれたから、今武道館に立てている。純粋に大好きだし、乃木坂46が今後活躍していくために、私も活躍したいと思う。こんな人生でよかった」と改めて感謝の言葉を口にする。そして、「この曲は私が死ぬまで、私の代名詞になるでしょう。そう言わせてください!」と力強く宣言してから、本編ラストナンバー「制服のマネキン」を全力でパフォーマンス。全力でダンスする生駒のそばには、涙で顔を歪ませた桜井の姿があり、ここまで一切涙を見せなかった彼女がここにきて堪えられなくなったその様に、筆者は涙腺を刺激された。また、この曲の<一歩目を踏み出してみなけりゃ 何も始まらないよ>や<卒業を待ってみたところで 何も変わらないだろう>といったフレーズが今の生駒の決意とリンクしているようにも感じられ、これまで聴いてきた「制服のマネキン」とは違った聴こえ方をしたことも記しておきたい。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!