ゲスの極み乙女。はアップデートし続けていく 既発曲に新たな解釈与えた『MTV Unplugged』

ゲスの極み乙女。はアップデートし続けていく 既発曲に新たな解釈与えた『MTV Unplugged』

 ゲスの極み乙女。が出演した『MTV Unplugged』が、3月25日に豊洲PITにて行われた。

 『MTV Unplugged』とは、アコースティックな手法でライブを行うMTVの人気企画。日本でも、これまでに宇多田ヒカル、平井堅、Chara、KinKi Kidsなどが出演し、通常のライブとは一味違ったパフォーマンスを披露してきた。

 出演が決定した際、川谷絵音は「ゲスの極み乙女。の真髄はメロディです。それを100%伝える機会を頂けたと思って頑張りたいと思います」とコメントを寄せていた。その言葉通り、この日の演奏からは、独創的かつ叙情的な、川谷の作るメロディの完成度の高さを十分に感じることができた。一回限りの企画ものライブというスペシャル感はありつつも、ゲスの極み乙女。というバンドのさらなる可能性を示す有意義な試みにもなったのではないだろうか。

 ゲスの極み乙女。のアコースティックライブは今回が初めてのこと。休日課長はウッドベース、ちゃんMARIはグランドピアノを弾き、えつこ&ささみおのコーラス隊も登場。さらに曲によってはサポートギターとして景山奏(Nabowa)、ホーン隊、ストリングスカルテットも加わり、普段とは違う楽器を取り入れての演奏が繰り広げられた。

 ちゃんMARIのピアノの響きを生かした「ユレルカレル」から幕を開け、序盤は「ルミリー」「息をするために」などのメランコリックな楽曲が続く。休日課長&ほな・いこかは抑制の効いたリズムを刻み、川谷も序盤はギターを持たず歌を丁寧に届けていった。

 この日は、ライブの定番と言える楽曲も、大胆にアレンジが変わっていたのも特筆すべき点だろう。「ロマンスがありあまる」では、ちゃんMARIがエレピを弾き、通常のせわしなく進んでいく展開よりも、メロディの豊かさが強調されていた。また、「課長がめちゃくちゃかっこいい曲」(川谷)と紹介して始まったのは、「ホワイトワルツ」。通常のライブだと、いこかとオーディエンスのコール&レスポンスで会場を盛り上げる役割を果たしているが、この日はまったく違う印象に。課長のウッドベースを軸に、ホーン隊それぞれのソロが加わり、また、川谷・いこか・ちゃんMARIの3人も記者会見のようなセットで歌い上げ、どこか張り詰めた緊張感が新鮮に感じられた。

 最近のライブでは滅多に披露されてこなかった「ラスカ」などのレア曲も交えながら、ライブ後半は曲ごとにストリングスカルテットとホーン隊が加わり、さらに華やかに進んでいった。最新アルバム『達磨林檎』収録曲である「某東京」「心地艶やかに」、そして「ハツミ」など、ジャズやソウル、ヒップホップの要素が感じられる曲が多く、大所帯での演奏がよく映える。本編ラストは、音源とも、通常のライブとも異なるアレンジの「キラーボール」で幕を閉じた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!